仮性包茎手術決意|早漏と彼女の罵声体験10~30代悩み

    

仮性包茎の包茎手術をする理由とは?彼女の罵声恐怖体験談

このページをご覧頂き有難うございます。

管理人皮切仙人です。

仮性包茎を悩み、ついつい彼女との男女の時間の前に不安になっている方も多いようです。

でも、アンケート等の信憑性の薄いものではよくわかりませんよね?

だから、私が周りから医療現場で聞いた仮性包茎の悩み体験談をご紹介しています。

このページでご紹介しているのは、

仮性包茎を10代彼女に言われた罵声の嵐

仮性包茎を20代女性に言われた罵声は悲痛の叫び?

仮性包茎を30代女性に言われた罵声は心が痛んだ訳とは?

と年代別に心無いだけの言葉から、思わず、同意して申し訳なかったと思う罵声まで、やはり仮性包茎だからとかではないと私は思っています。

では、じっくりご覧ください。

10代彼女に言われた罵声の嵐|仮性包茎体験談

仮性包茎 手術する理由 年代別 恥ずかしい体験談

仮性包茎で過ごす期間は長くなってしまうのはしかたがないと思う10代。

・親に相談できない・親はそういう事は自分でやりなと言う・自分だけで言っても、親の同意、承諾が必要になる

様々な理由や10代の場合は原因もあって包茎手術が出来ない方もいます。

でも、追い打ちをかけるように女性からの罵声が飛び交っているのが現代です。

ご紹介していきます。

10代女性はやはり清潔感にかなりうるさかった

10代女性にとって、男女共通の認識は、清潔感の無い人は嫌い。という認識。

その中を生きる仮性包茎。

彼女たちからすれば、悪臭というのが、地獄にも等しいほど切ない環境なのです。

その事を認識せずに、過ごした彼女との時間で浴びせられた心無い一言集です。

・ちゃんと洗えよ!・何考えてこんなのつけてんの?・こんなの入れる気?私をなんだと思ってんの?

・勘弁してよ。

・彼女見つける前に自分ちゃんとすれば

・これ、性病?臭すぎ

仮性包茎という言葉を知らない彼女たちにとっては、仮性包茎は悪臭のする異物というとらえられてもしかたがないのかもしれません。

そして、

女性は、自分を守ろうとする気持ちが年々強くなっています。

ですから、

自分を守るためなら、相手の性的興奮を吹き飛ばすくらいの発言は簡単にしてくるようになりました。

あなたはこの言葉に耐えきれますか?

私はこの言葉を1人2人ではなく、数百人から聞いていると思います。

「今の10代の男性は、本当に大変だなぁ」

とつくづく思って現場に立っています。

この10代を過ぎ、徐々に包茎という言葉もなんとなくの意味も知り始める20代。

この世代には、違う認識が出始めます。

では、20代編いきます。

 

20代女性に言われた罵声は悲痛の叫び?

20代女性包茎罵声

20代女性といえば、こんな意見を持つ方もいますよね?

・早くママになりたい・子供が欲しい・早く結婚したい

彼女たちの言葉の主なゴールは結婚よりも出産。

しかし、

そのための行為には、10代がトラウマになってしまう子も少なくないそうです。

そんな時、仮性包茎の方と出会った際、思わず言ってしまった罵声とも取れる一言集。

・仮性?、包茎?そんなの10代で終わりにしてないの?

もう勘弁してよ

・こんなんだから彼女も別れるんだよ(出来ないんだよ)

・包茎、早漏?なんか冷めちゃうね。

・あぁあまたかぁ。もうこれ(=包茎)はいいや。

・何その白っぽいの?きたな!もう終わりにしよう

・先はないのははっきりしたけど、今も嫌だから帰るね

行為といえる時間にこれだけの言葉を出されたら、その場にいたら、怒り心頭か、呆然とするしかなくなりますよね?

「この一言は、目を覚ませと言われたようだった。」

という冷静なプラス思考を持って振り返る方もいらっしゃいましたが、非常に私自身が驚かされました。

徐々に、認識の高まる包茎の存在。

そのリスク。

女性は見た目にケチをつけているのではなく、あなたの行為前の巣の姿なのです。

最後は、30代。

この世代は、本当聞いていた私もあぁそれは切なかっただろうなぁと思う感情が、罵声という拒否に聞こえる発言もありました。

では、ご覧下さい。

 

30代女性に言われた罵声は心が痛んだ訳とは?

30代女性包茎罵声

仮性包茎で過ごして、30年を無事過ごしてきた方にとって、「今まで何もなかったんだし」と安心をしている時だったからこそ罵声に聞こえた発言もあると思います。

それでは、30代が発した仮性包茎へのきつい一言集。

どうぞ

・私の体に何かあったら一生償ってもらうから

・その体で彼女いたの?今までの人たちがかわいそう

・私の年考えてる?あなた何考えて生きてきたの?

・包茎って言葉知ってるよね?自分そうだってわかってるよね?

・女性の事は何にも考えてくれて無い人なんだ。よくわかった。さようなら

・今の俺を好きになってとかそういう発言だけはやめてね。

女性にとって30代は出産を控えるうえで、いろいろ焦りも出る頃。

現代社会のように、晩婚化が進むからこそ、少しでも男女の時間をリスクなく過ごしたい年代。

なのに、包茎?

「仮性であろうと真性であろうと彼女たちには、変わりはない。そう思い知らされた」

自分の体だから、自分が決める。

それはあなただけの体のパーツだからこそいえる言葉だと思います。

それを女性に押し付ける結末を解ってくれ!は独りよがりだと思いませんか?

言い方は、きつい。

でも、逆にみな自分を守るためには、怖い思いをしたくない

こんな意味から考えれば、「とんでもない」という言葉だけでは言い切れない実態だと私は思います。

あなたがもし、仮性包茎を真剣に悩んでいるのなら、まずは、知る事から始めてみませんか?

横浜での仮性包茎治療体験

静岡で相談できるクリニック

広島で相談できるクリニック

福岡でおすすめの治療費交渉術

私が相談した横浜のクリニック

包茎手術はWHOが認めている正式な手術

人を責めるより、あなたが変わればこれらの体験事実は避けられるのですから、よく考えてあげて下さい。

あなたの悩みか?それとも彼女のための悩みか?

その答えを出した方が、多数包茎手術を受けているのです。

10代20代仮性包茎が手術を決めた私生活のきっかけとは?

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ