仮性包茎の治し方で自力で自分で治すは有?手術治療前の予備知識

    

仮性包茎は自分で自力で治せる?手術治療はいつ?

このページをご覧頂き有難う御座います。

仮性包茎における予備知識として間違った知識をもらう前に、しっかり正確な情報をつかみましょう。

仮性包茎は自然だ!

そのまま放置していても問題ない!

手術を受けることなんてしなくても、自分で剥き癖つければなんとかなる。

こんな表現がネット上には、溢れかえっている。

しかし、こうした内容はどこまで責任を取れるつもりで公開してるのか、元医療業界にいた人間からすれば疑問に思う。

仮性包茎でも手術を必ずしている国がある。

この考えが本当に間違っているのか?

こうした内容も意味も目的も知らないまま「とりあえず」みたいな感覚を持っているから、性病が蔓延していると感じるのは私だけでしょうか?

このページでは、そんな仮性包茎を自力で治すという考え方について、私なりに意見を紹介しています。

仮性包茎は、自力で自分で治せるのか?

仮性包茎を自分で自力で直そうとした末路とは?

仮性包茎を治す最適な時期はいつなのか?

についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

仮性包茎は自力で自分で治せるのか?

仮性包茎 自分で治す方法

まずは、大きな誤解を招いている書き込みが横行しているこの話題から。

あなたがもしこの書き込みで、かすかな期待をお持ちであるなら、全力で全否定させてもらいます。

その根拠は、自分で治す事が出来るなら、なぜ医療機関が治療する意味が認められているか?

この疑問を持って欲しいのです。

治療する必要があるのか?という内容は、価値感。

しかし、自分で治せるなら、根本的に医療は治療行為としていらない。

そう考えて欲しいのです。

だからこそ、コンプレックスにつけ込むような

・包茎矯正器具。・亀頭を大きくするグッズ。

➢ネットで購入して、「包茎が治らない」、「結果が出ない」と嘆く方が後を絶えないのです。

器具でもダメなことは自力でできるわけがありません。

さらに、包茎手術は切っているのです。

この行為から考えて欲しい点は、皮を切ることが正確に治す近道だとされているから。

ですから、安易にネット上のよくわからない根拠のない「包茎を治せる!」は信用しないように注意しましょう。

しかし、こうした矯正器具などを使った末路を迎えた人達も数多い。

実際に、自力で自分で包茎を治すと決めた方の末路をご紹介していきます。

 

仮性包茎を自力で自分で治す方法を試した末路

包茎手術

仮性包茎なら、皮が余ってるだけなんだから、治せそうだ!

どこから生まれた根拠と自信かはわかりませんが、そう思った方が、実際に体験談を持ちかけた内容をご紹介しています。

仮性包茎を自分で自力で治そうとした方法1.ゴム

その方は、器具などを買うお金も節約するために、輪ゴムで皮を後ろに引っ張って止めるという行動を数年続けていたそうです。

その結果、皮が変な癖をつけて伸び続けてしまい、ゴムをとって放置したら、亀頭/亀頭包皮炎を起こす事態になった方。

包皮内板には小さな傷が増えてしまい、ヒリヒリ痛みが続く状態になった方。

仮性包茎の中でも、亀頭/亀頭包皮炎やその治療を必要とする状況になってしまっていました。

自力という言葉の責任は、まさに自己責任。

しかし、あなたが本当にクリニックや病院を訪れなければいけない事情を作る結果に繋がりかねない。

このことを安易な行動から結果にしないためにもぜひ注意しておきましょう。

では、最後に仮性包茎を治す一番最適なタイミングについてご紹介していきます。

 

仮性包茎を治すのに一番いいタイミング

包茎手術 仕事 休み

仮性包茎を包茎手術による治療をしても、治したい!

あなたがもしそう考えてくれているなら、私からお伝えできるのは、タイミング。

その根拠を含めてご紹介しています。

仮性包茎の包茎手術治療は、中学生時代がベスト

随分悩みしては早い時期だと思う方もいると思います。

しかし、亀頭を含めて、人間の体の成長期はこの時期が一番期待出来ます。

だからこそ、包茎手術だけで、今後の亀頭の露出を生み出す可能性が最大値になる時期。

残念ながら、20歳以上になっている方の時期とは異なりますね。

仮性包茎の包茎手術治療は、社会人ならいつがベスト?

20歳以上の方にお伝えするなら、「出来るだけ早く治療をすること」が大切。

夏も冬も時期は関係ありません。

あなたのカラダはもう20歳以上、徐々に老化していく体なのです。

20歳以上が成長させる事ができるのは、ケアによる筋肉トレーニングなどの肉体的要素。

残りは、老化を遅らせる行為でしかありません。

さらに年々若返る内容などはありません。

・亀頭は、年齢とともに徐々に小さくなっていきます。・皮においては、年齢とともにたるみとともに伸びてきます。

ですから、包茎手術だけの改善度合いは徐々に落ちていくのです。

だからこそ、早めに手術を受けることが大切になるのです。

あなたはまだここまでの説明でも、納得ができませんか?

あなたはいつ包茎を治したいのですか?

そのためには、手術以外の方法がないことは想像できませんか?

あなたが最後には、幸せを感じられるように願っています。

このほかにも、包茎手術関連用語集まとめページでは、包茎手術方法をはじめ、経過や傷跡など様々な用語についてご紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみて下さい。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

少しでも、しっかり治すという目的意識がある方は、所詮剥ければいいと思う考え方とは違う事も含めて安心して性病対策等も出来る体になるために参考にして下さい。

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ