仮性包茎を手術する理由年代別の恥ずかしい体験談10代20代編

    

仮性包茎を手術する決意のきっかけとつらい体験談

このページをご覧頂き有難うございます。

仮性包茎手術するのは、なぜ?

見た目?衛生面?何をみんな悩んでるのか?

そんなふと自分も仮性包茎の一人だからみんなの悩みが知りたい

なんて属性を探す気持ちが出る時ってありますよね?

そこで、私が医療機関で聞いてきた皆様の仮性包茎が原因でおこった体験談をご紹介していきます。

仮性包茎で過ごした10代の恥ずかしい体験談

仮性包茎で過ごした20代の恥ずかしい体験談

仮性包茎を手術しようと決めた時期とは?

仮性包茎を手術した後の数週間で感じた手術の満足体験談

あなたが、仮性包茎を悩むなら、しっかり未来の悩みとして見ていく事をお勧めします。

どうぞじっくりご覧ください。

仮性包茎の方が年齢毎で恥ずかしい体験談を持ったのか?

仮性包茎 手術する理由 年代別 恥ずかしい体験談

仮性包茎で居続けた人生のせいで、味わってしまった恥ずかしい体験談は年代別でどんどん悩みの深さやショックは増しています。

それではご紹介していきましょう。

10代の恥ずかしい体験談の中心は部活の合宿

スポーツ部に入部している方の多くが徐々に進学を重ねた結果、合宿という行事を迎える機会が増えているようです。

・合宿のお風呂で見せ合う時間で、小学生かよ!と言われたのを今でも鮮明に覚えてる・部活の時に、かんとん包茎でたまたま向けてしまった時、痛みに股間に手を当てたら、「お、また剥けちゃったのか?」と事実を知っている仲間からバカにされた

・大学の合宿ではもう包茎手術した部員もいたので、「いつまでそのままでいるの?よく平気だね」と冷静に語られた

等年齢を重ねる毎に徐々に包茎手術をした人も出てくることで完全に取り残された感が出るのが10代の恥ずかしい体験談には多かったのです。

部活をしていないあなたは、きっと、

「ああ俺関係ないな」

と思っていますよね?

この方たちの悩みは20代に大きく動き出します。

では、ご紹介していきましょう。

 

仮性包茎で過ごした20代の恥ずかしい体験談

包茎 恥ずかしい

10代は必死に勉強ばかりしていた学生

10代はスポーツに必死になっていた学生

10代は遊びに夢中だった学生

それぞれ違う道を進んでも、結果みな社会人という立場になる20代。

この世代が抱える仮性包茎の恥ずかしい体験談をご紹介していきます。

彼女との時間が怖くなった恥ずかしい体験談

それでは、20代仮性包茎の恥ずかしい体験談をご紹介していきます。

彼女が出来た編・浮かれて自分の「初めての体験」も間近になったある日、彼女から

「昔包茎の人と付き合ってたんだけどあれは無いよね。まさか(あなた)は違うよね?」

10代の包茎手術体験談を持たない人は予期せぬ発言から言葉を失い、「あぁそうなんだぁなんだ・・・」と流された体験談。

会社の付き合い編

・会社員同士の研修に行った浴場では、もう包茎だの短小だの会話はネタの嵐。タオルが欠かせない状態で逃げるように出てきた

子供との時間編

・甥っ子が出来たので、お風呂に入れる機会があった。その時、甥っ子から「お兄ちゃんと僕の一緒だね?」と指差されて何も言えなかった。

結婚間近編

・もうすぐ結婚することになる自分。相手の彼女は子供をたくさんほしいと言う。

「男の子にはしっかりあなたが男の子の成長過程はいろいろ教えてあげて。」

この言葉に包茎をそのままにしている恐怖を味わった体験談。

20代で味わう仮性包茎でいた時間の過去を悔やむほどの恥ずかしい体験談はまだまだあります。

20代で仮性包茎で悩む方の共通点は、「先々をその人達と付き合っていく事を選びたいから」という意志の塊だと私は思います。

・会社は出来れば自分の人生のために少しでも早く手術しようと思った。・彼女からの発言は「この苦痛には耐えられない」と思うようになり、包茎手術を決めた。

・甥っ子からそんなこと言われたら、自分の子供だったらと恐怖すら感じた

周りの目は、徐々に現実を突きつけてくるようになります。

10代のようにからかわれるのとは、違う本当に罪のない一言やつぶやき程度の発言もあなたを徐々に苦しめていく事になっているのです。

結果的に、皆様は自分を変えたいという言葉をよく使います。

しかし、

私からみれば、「今を壊したくないから」が正しい理由だと思います。

では、こうした悩みを持った人たちは、どんなタイミングで手術をしようと決めたのか?についてご紹介していきましょう。

 

仮性包茎を手術しようと決めた時期とは?

包茎手術 受ける理由

包茎手術をご相談される皆様の流れは大きく2つに分かれています。

春から夏にかけて手術を決意する方

秋から冬にかけて治療を決意する方

この2つの意識は全く別だったのです。

詳しく見ていきましょう。

春から夏にかけて包茎手術をする方の決めた時期ときっかけとは?

春から夏にかけての包茎手術を決める方の多くは、クリスマスや年末にかけての体験談が最後の節目という方が多いです。

つまり、

・親戚付き合いの多い方・社員研修などは温泉などを積極的に利用される場合

・クリスマスでの彼女との出来事

こうした節目をもう最後と割り切りたくなったという方が多いです。

では次は、秋から冬にかけての包茎手術をしている方の共通点をご紹介していきましょう。

秋から冬にかけて包茎手術をする方の決めた時期ときっかけとは?

秋から冬にかけての包茎手術を決める方の多くは、新天地となる引っ越しを伴う動きを見せる方が非常に多いのが特徴です。

つまり、

・引っ越し前の職場や同僚とで思い悩む経験をした方・学校を卒業し、社会人として徐々に仕事の流れ等が見えてきた方

・来年春からは新しい土地で済むからその前に治したい

こうした自分のこれまでとこれからの生活を年末までに引きずらない状態を作りたい。

そういった心構えでお越しになる方が多いのが特徴です。

こうした10代20代が包茎手術を様々なクリニックや病院で行って結果はまだまだ全員が満足出来ていないのが私的には残念です。

でも、私が関わったり、紹介をした方々からの喜びの声をあなたにはお届けしたいと思います。

 

仮性包茎を手術した後の数週間で感じた手術の満足体験談

包茎手術 満足

仮性包茎の手術をする時、これで終わるなんて言葉を出す方はいません。

みんな大丈夫かな?と心配や不安ばかりです。

しかし、包茎手術を終えて、経過の通院をされる時、皆様の表情は一気に変わってくるのです。

その具体的な喜びをお届けしていきたいと思います。

包茎手術をした人は何を喜ぶのか?

包茎手術をした後、解放された内容で一番多い声は、「悪臭からの解放」

仮性包茎の手術をしたいと言ってきた時の皆様はほぼ全員見た目を理由にしています。

しかし、相手からの目線は、まだ体験できていない時期なのです。

でもその経過で自分のケアをしている時に痛感するそうです。

「あれ、あれだけ汗かくことしたのに今日は臭くない」

この瞬間に、解放される意味がしみじみと解ってきたそうです。

・彼女に言われる心配はなくなった・誰かに見せるにしても、もう臭い体でないなら清潔だからいいな

・甥っ子に見られても、包茎手術したよと教えてあげよう

自分の解放された状態を誰かに伝えてあげたくなる。

こうした皆様の声は、まさに人生を変える手術といっても過言ではないと思います。

このほかにも、様々なメリットは包茎手術にはあります。

包茎手術は、WHOが正式に認めている意味のある手術

包茎手術をする事で亀頭が赤くなる腫れる等の苦痛からも解放されます。

私が包茎手術を実際に受けた体験談

あなたの悩みは、同類探しでは無いはず。

私の知る限りのクリニック情報をまだまだこれから公開していく予定です。

静岡のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

この2か所には古い友人がいる為、地元の情報を頂きながら、お勧めのクリニックもご紹介しています。

是非、あなたの人生の変わる瞬間を予定できる準備のためにこのページをフル活用してください。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ