包皮内板の炎症が癒着に!包茎手術関連用語

    

包皮内板とは?炎症や癒着って何?

このページをご覧頂きありがとうございます。

包茎手術に大きく関係する包皮内版についてご紹介していきましょう。

・包皮内版とは?

・包皮内板の炎症や癒着とは?

など、包茎のリスクに関連する大切な用語ですから、クリニック選びの前にしっかり確認しておきましょう。

包皮内板とは?

包皮内板とは?

包皮内板ってどこの場所?

そんな疑問に解り易く回答しています。

包皮内板とは、亀頭を出すことが出来た場合には、薄いベタベタしやすい方の皮膚のこと。

包茎の方は被せた時には、亀頭と接している見えない部分の皮膚が包皮内板。

この包皮内板があることで様々なリスクはあります。

では、包皮内板の炎症や癒着等を詳しくご紹介していきましょう。

 

包茎手術前に多い悩み?包皮内板の炎症や癒着とは?

性行為 痛い 原因 包茎手術

包皮内板があることで起こり得ることは、包茎の主な悩みといっても過言ではありません。

包皮内板が及ぼすリスクとは?・炎症

・腫れ

・癒着

と段階的に進行していきます。

この症状の主な原因こそ、包茎

腫れが炎症だけに収まらずに、癒着してしまう状態に多いのは、

・糖尿病

・高血圧

この2つが代表的な原因。

亀頭/亀頭包皮炎やその治療法(市販薬含)でその包皮炎の初期症状等を細かくご紹介していますので、参考にしてください。

包茎である事を知っているなら要注意!

放置している結果は、悪くなるのは、こうした持病を持つとじわじわでなく、一気に変化をしていきます。

私が現場で仕事をしている時にも多くいるのは、

糖尿?ないない!

なんて言っている方に糖尿独特の症状があって、調べてみたら、

血糖値  200以上 (正常時は食後200、空腹時126以下)

自覚症状がないまま過ごした結果、包茎であった状態で、亀頭包皮炎をきっかけに糖尿病を認識した。

こんな話も珍しくありません。

十分に注意しましょう。

あなたはまだ内版包皮に悩み続ける日々を選びますか?

それとも、

亀頭包皮炎や内板包皮を捨てて、病気に縁のない生活を選びますか?

もしあなたが、「真剣に包茎手術を考えている」なら、この後の記事も参考にしてください。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ