包茎手術の保険適用は絶対的?効かない人の特徴

    

包茎手術は保険適用するの?

どこでも同じなのか?

保険適用の泌尿器科に行ったら断られた。

保険適用の病院に相談したら、門前払いだった!

このように、包茎手術が保険適用だとネットで見たという方が、自分の場合は違うという体験を目にする事も増えています。

環状切開だったら保険が使えるの?

真性、仮性、かんとんという状態に酔って使える?

このような推測で考えている方も非常に多いと思います。

私のサイトは、真剣に包茎手術を受けたい方の為に、以下のような経験をもつからこそ伝えられる情報をご紹介しています。

仮性包茎手術の体験者である。

元医療機関の従業員であった。

自分の医療機関関係仲間が包茎手術の傷跡修正手術を受けた。

このように、全く知らないまま治療を受けたのではなく、現場を知るからこそ選んだクリニックで治療を受けた体験者がご紹介しています。

サイト管理人皮切仙人です。

このページでは、以下のような内容をお伝えしております。

真性、仮性、かんとんが問題ではない!

泌尿器科も例外ではない!

そもそも保険適用は本当なのか?

このように、現実として伝えられる内容をご紹介していますので、じっくりご覧ください。

真性、仮性、かんとんが問題ではない!

包茎手術保険適用の実態

包茎手術を受ける時、種類を心配している方も多いです。

その理由の1つが、「もしかしたら、自分の状態は保険適用かもしれない!」

こんな期待をしている方がいたとしたら、それは正しいのか?

保険適用の医療現場を知るからこそ伝えられる情報をご紹介していきます。

保険適用の基準は包茎の種類ではない!

包茎は治したい。

そして自分は、真性包茎だから保険適用のはずだ!

自分は仮性包茎だから期待できないかもしれない。

こんな戸惑いや誤解をしたまま治療を受ける方法などを選んでいませんか?

この考え方は、根本的に間違っています。

なぜか?

保険適用の原点

保険適用というのは、病気や手術を全て点数にして管理された結果となっています。

その点数というのが、「診療報酬点数」

そして、難易度の高い手術程加算点数が高くなるのです。

しかし、この診療点数の中には、保険対象ではない項目は記載がありません。

つまりは、保険が効かないということになります。

包茎手術というのは、ほとんど対象が無いのです。

包茎手術ではない点数はある!

包茎手術の方法の中で、術式を調べている方も多いです。

そんな中に、「環状切開法」という存在があります。

この方法を用いる手前までの切開術については、点数はあります。

しかし、この点数では、専門のクリニックが行なうような手術までの仕上がりにはならないのです。

つまりは、中途半端な状況までがサポート出来る限界となるのです。

ですから、包茎手術を保険適用の医院や病院に相談をすると、多くの場合は次のような回答が返ってくるのです。

「こちらではそういう手術ができる設備などもありません」

設備だけの問題ではない。

点数も多くの内容が「等」に含まれているのです。

 

泌尿器科も例外ではない!

包茎手術泌尿器科

包茎手術を泌尿器科に行ったら断られた!

この声は、決して地方、都心の問題ではなく、増えています。

そして、この声の原因もあるのです。

泌尿器科が包茎手術を受けられない裏事情

包茎手術というのは、保険をきかせるようなことをした際は、入院が必要になります。

最低1日以上。

これが保険適用の当たり前の点数。

このような設備が泌尿器科にあるでしょうか?

町のクリニックの多くは、土日祝も休み。

夜間は当番意外にはお休み。

このような状況で開業をされてる事がほとんど。

そうなると、入院なんて対応も取れない。

日帰りで手術するにしても、そういう機材を日常的に用意しているか?

滅多にないことのために準備を整えてる事も少ないのです。

ですから、泌尿器科でも包茎手術を断る傾向が強くなるのです。

包茎手術はそもそもコンプレックス扱い?

包茎手術に保険が効かない背景のもう1つの事情は、あくまでも病気という対象に扱いを持ってくれていない事が原因でもあります。

種j通の猟奇も安くなっている最近の診療点数。

それなのに、以下のような悩みを抱きながら、選ぶ患者さまがいるのが包茎。

見た目の仕上がりにも綺麗さを求められる。

コンプレックス解消を目的にしている。

安い費用で高いスキルを求める。

治療前にはカウンセリングもしっかりする(時間的ロス)

美容外科などが保険適用外で行っている現実。

比較するのは料金だけで、結果は高く求めている。

このような施術を希望している方から、点数が低い治療を求められる。

このような現実を保険適用対象治療を行なうクリニックの院長が把握している。

だとしたら、

「専門のクリニックに行った方が良いですよ」

この答えを出しても仕方がないのです。

 

そもそも保険適用は本当なのか?

包茎手術保険適用の可能性

包茎手術はそもそも保険適用は本当のことなのか?

保険がきいたという声もネット上にあるのは事実。

だったら、このページで紹介している事事態が嘘なのではないか?

こんな事を考えてる方もいると思います。

そんな時、ぜひ確認していただきたいと思うことがあります。

包茎手術の保険適用は支障が無数

私自身も元は医療機関に勤めていた一人。

当然保険の有効性についても十分把握している現場の一人。

その状況だからこそ、私は仮性包茎の手術を同じ勤務先の先生たちに相談もできなかったのです。

考えるまでもない。

診察をしてもらっても困らせるだけだ。

縫合について、直下等の言葉も伝えられない。

このような言葉がすぐに脳裏に浮かんできました。

結果的には、私は保険適用外のペニス増大等も行なう専門のクリニックで受けました。

そのクリニックは美容外科でした。

仕上がりや見た目にこだわっている。

カウンセリングも時間を使ってくれる。

亀頭直下で依頼も当然可能。

アフターケアも土日祝でも相談出来る。

目的に合わせて対応してくれる。

縫合の後の症例写真等も見せてくれる。

このような安心を中心にしながら、自分で行く場所を決めました。

保険が効かないを前提としたクリニック探し。

これが私が医療現場にいた時、現場の先生がたにご迷惑をかけない最善策でした。

実際に私が現場にいた時代に全国各地の方と会合や研修等で知り合うこともできました。

そして各地域でおすすめのクリニックなどをお聞きする事ができました。

そのクリニックは以下のような内容でご紹介してます。

真性包茎手術静岡の治療費2017口コミ

包茎手術傷跡修正費用は?

包茎手術費用相場

包茎手術は何科?

包茎手術静岡上野クリニック閉院!

静岡県内包茎手術は選択肢がない!

真性包茎手術を沼津から静岡に行った50代口コミ

かんとん包茎手術は焼津藤枝で受けられる?

仮性ほうけいは泌尿器科ならどこでも手術可能?

包茎手術横浜体験記

福岡包茎手術クリニックおすすめの交渉術

鹿児島包茎手術ベスト3

静岡の包茎手術で分割払い手数料のクリニック

真性包茎治療費悩みは治療グッズ購入で解消?

包茎手術前診察後の流れ【30代口コミ】

保険適応?包茎手術の費用や傷跡は?

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ