包茎手術ツートンカラー傷跡を画像で解説|クリニック選びのコツ

    

包茎手術後ツートンカラー傷跡をイメージ画像で解説

このページをご覧頂き有難う御座います。

管理人 皮切仙人です。

包茎手術を既に済ませた方も、これから包茎手術を真剣に考えている方も、「傷跡の不安」多いですね。

このページでは主にこんな内容を解説しています。

包茎手術後傷跡がツートンカラー傷跡とは?

包茎手術後傷跡がツートンカラーになやりやすい手術方法とは?

包茎手術後傷跡がツートンカラーになりにくい手術方法とは?

包茎手術の傷跡に悩まないためのクリニック選びのコツ

どの内容も私が包茎手術を体験した事、医療機関の現場で培った知識を全て集約した内容です。

では、じっくりご覧下さい。

包茎手術後傷跡がツートンカラー傷跡とは?

包茎手術 方法 環状切開法 写真

包茎手術の傷跡をイメージしていただき易い画像を上の木製モデルを基に解説していきます。

包茎手術傷跡がツートンカラーになる原因とは?

ツートンカラーとは、何か?ということを解説していこうと思います。

あなたがもし、仮性包茎で、自分で皮が剥くことができる状態であるなら、以下の内容をみて下さい。

1.皮を自分の陰毛の方へしっかり引っ張って寄せてください。

2.1.で実践した時、上の画像の黒ラインよりも亀頭に近い薄い皮(包皮内板)と、厚みのある根元に近い皮があるのがわかると思います。

3.薄い皮が見える2~3cm位したに傷跡があったら、目立ちませんか?

これが、包茎手術傷跡におけるツートンカラーの手術における傷の位置。

では、この方法は普通なのか?それとも、ツートンカラーになる手術方法だからそうなるのか?という手術方法について解説していきます。

包茎手術後傷跡がツートンカラーになやりやすい手術方法とは?

治療方法

包茎手術の方法まとめページで、現代に行われている包茎手術の一般的な内容はまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。

この中で、ツートンカラー傷跡になる典型的な方法は、

環状切開法

環状切開法を医療機器で行うクランプ法

どちらかの方法は、ほぼこのツートンカラーの代表的な方法になります。

でも、

包茎手術を行なう専門クリニックでは、たいていその事実を伝えていません。

じゃあ、傷跡が目立ちにくいツートンカラーにならない方法はどんな方法なの?

こんな疑問を次の章で、解説していきます。

包茎手術後傷跡がツートンカラーになりにくい手術方法とは?

亀頭直下埋没法 包茎手術 方法

最初に見せた画像と同じ木製モデルを使いながら、解説していきます。

包茎手術ツートンカラー傷跡防止なら亀頭直下埋没法

私が受けた包茎手術もこの亀頭直下埋没法

亀頭直下という文字のとおり、ツートンカラーになる傷跡と縫う場所は全く異なります。

さらに、

薄い皮(包皮内板)をほとんど切除するため、衛生面で悩む悪臭対策は非常に高い効果を実感できます。

傷跡に悩みたくないなら、まずは亀頭直下埋没法を行うクリニックを選ぶ。

私は体験談からもこの内容を強くオススメします。

それなら、亀頭直下埋没法ならどこでも一緒か?

という疑問について、クリニック選びのコツとして、解説していきます。

包茎手術の傷跡に悩まないためのクリニック選びのコツ

包茎手術 クリニック選び方 コツ

クリニック選びをする上で、亀頭直下埋没法を行ってくれるクリニックの中でもどんなクリニックがいいのか?について解説していきます。

クリニック選びの最も重要なポイントとは?

クリニックを選ぶ上で、最も重要なのは、手術を担当する先生が明確かどうか?

あなたはインターネットで様々な病院やクリニックを見てきたのかもしれません。

その時、

全国展開しているクリニックのHPで絶対に見ていかなければいけないポイントをまとめています。

1.それぞれのクリニックに担当する先生の画像があるのか?

2.その先生が治療している風景の写真もあるのか?

3.私が担当します!等の具体的担当の明確化をしているのか?

全国展開しているクリニックほど個々を比べる

クリニックの名前に安心する。

このイメージは大切です。

しかし、それだけではな足りないのです。

医療という現場で行われるのは、一つ一つの手術がいわば芸術作品という見方が必要。

クリニックの知名度だけでなく、違う先生が行えば違う仕上がりの可能性がある。

この点をしっかり頭に入れて欲しいのです。

その中で、それぞれの先生には、これまでに培った得意分野が違います。

・形成外科歴が長い先生

・美容外科歴が長い先生

・全くそういう過去経歴が見えない先生

こうした情報も掲載しているクリニックもあれば全く記載がないクリニックも実在します。

やはり最後に必要なのは、あなたの包茎手術を誰に託すか?

これが一番大切な問題であると、思ってください。

そんな私が包茎手術を頼んだクリニックをご紹介

最後に、この内容を含めて選んだ包茎手術を頼む病院・クリニック探しをした私が選んだクリニックをご紹介していきます。

それは、私の包茎手術体験談にて、公開しています。

私は、上の内容にプラスしてこんな事も優先しました。

・地元は避ける(医療機関勤務だったので、万が一あったことある人がいる可能性も考えた)

・駅から近いクリニックを選んだ(わかりやすさを重要視しました)

・土日祝日も包茎手術をしてくれるクリニックを選んだ(仕事が日曜休みだったため)

こうした目線で選んだ結果です。

あなたにとって、包茎手術が満足できる傷跡に仕上がることを願っています。

この他にも、包茎手術を受ける前に知っておきたい用語集で、知っておくと得をする情報も多数まとめていますので参考にしてください。。

私がお勧めするクリニック情報も徐々に広げながら、ご紹介していきます。

東京上野のおすすめクリニック

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ