包茎手術費用相場|保険適応?失敗しないコツ

    

包茎手術費用の相場や保険適応の真実とは?

このページをご覧いただきありがとうございます。

包茎手術を真面目に受けたいと考えている方へ私があなたを確実に後悔しないクリニック選びに助けてみせます。

実際に包茎手術を検討している方の私の知人には以下のような経験者も多数います。

保険適応の治療は中途半端で終わるしか無い現実があった。

泌尿器科、病院と渡り歩き、結果的に美容整形治療に回された。

大手だと思って安心して行ったら、もう次に会う機会は全く無かった。

こうしたクリニック選びを1歩間違えただけで、大きく状況も結果も変わっているのが現実。

私のサイトは、包茎手術を一生に一回と言える結果にたどり着けた体験や元医療業界内部にいたからこそ見えている現実を含めて、これからの手術検討者に少しでも現実を伝えていきたいと思い、運営しています。

このページでは、費用相場という考え方について、以下のような項目をご紹介しています。

包茎手術の費用相場はいったいいくらくらいなのか?

失敗・後悔する費用とはどんな金額なのか?

保険適応させる事は本当に費用の得となるのか?

包茎手術費用を決める上で大切な事とは?

ネット上で探す情報の中で、少しでも見極め方を知りたい方は参考にして下さい。

包茎手術の費用相場

治療費

全国様々な包茎手術を行なうクリニックや病院があります。

しかし、適正価格という実態がイマイチわかりにくい現代の包茎手術。

ですから、私が現場にいる時に知った内部状況を含めて、あなたに業界市場価格というのをご紹介していきたいと思います。

包茎手術を保険適応させないクリニックの平均相場

数多くの包茎手術を行う病院・クリニックの中でも、専門として扱う業界の平均相場をまずはご紹介していきます。

包茎手術の平均相場は、10万円~30万円。

この金額には、真性包茎包皮内板治療も含めた大きな枠としてご紹介できる状態。

仮性包茎でも、10万円前後かんとん包茎なら10~25万円

真性包茎なら15~30万円

こうした金額が大きな目安になるのだと思います。

この金額をみて、高い!だったら保険適応のクリニックでやってもらおう!

こうした安易的思考の方が非常に多い!

しかし、実態として、包茎手術を安くやってもらって、傷跡も経過も満足という意見は少ないのが現実。

では、保険適応の状況も含めてご紹介していきましょう。

 

保険適応クリニックなら安い?最後に高くつく可能性

包茎手術 クリニック

まず最初に、あなたにはっきり伝えておかなければいけない言葉があります。

それは、保険診療でのクリニック・病院選びの方が、保険が効かないクリニック以上に難しい。

その根拠はこれからお伝えする2つの要素があります。

包茎手術保険適応の方法に対する心配

包茎手術保険適応の費用や傷跡、親にバレる前提条件とは?でも詳しく保険適応についてはご紹介しています。

最も重要なのは、保険適応で行う治療方法の大きな指針がネックになること。

保険適応は、あくまで病気を治す治療に補助される料金の軽減。

しかし、包茎手術のように見た目のための治療目的を含めては、行わない

この前提を知らずに、包茎手術を保険診療で受けた後、傷跡のツートンカラーに悩みやすいのが最大の不安であり、リスク。

窓口負担が少なければ結果はあまり関係ない!

こうした考え方であれば、推奨できます。

少しでも傷を綺麗に治して欲しい

この考え方は、ほぼ捨てて考える前提条件が必要になります。

これが1つ目の保険適応リスク。

次は、その後の金銭的リスクが高くなるケースもご紹介していきましょう。

 

包茎手術を保険適応で受けた後、傷跡修正手術は年々増加中!

包茎 恥ずかしい

保険適応での包茎手術を受けて、一旦は気持ちも晴れて、傷跡なんて・・・と思った日々。

でも、数年経過して思うのは、

「この傷跡では将来は恥ずかしい。」

「包茎手術をしたことが丸分かりになるようなこの傷は治さなければ・・・」

こうした悩みを持つ方が、年々増加している現実があります。

あくまでも、この考え方にたどり着くかは個人によると思います。

しかし、包茎手術を保険診療で行った満足度は高いか?となれば、後悔・失敗という回答は決してゼロではなく、増加している悩みの1つ。

この点をよく考えたクリニック・病院選びを心がけましょう。

 

包茎手術費用が失敗になりやすい金額目安

包茎手術 クリニック選び方 コツ

包茎手術の費用目安から失敗・後悔しやすい金額の提示目安をご紹介していきます。

アルバイトDrが行うクリニックというリスク

全国の専門クリニックなどで、全体の7割以上が行っているのがこのアルバイトDrによる治療。

こうした実態はまだまだ知られていないのが現実。

アルバイトDrである場合のリスクは、症例実績の少なさ。

すると、クリニックは、練習を兼ねて、費用を非常に割安に見せたりしているクリニックもあります。

・3万円

・5万円

まさに、保険診療クラスの治療費。

すると、結果も同じになっているのです。

手術方法は、ほとんどが、環状切開法クランプ法といった傷跡が目立つ前提の治療方法。

この2つであるかどうかは治療方法等を見ると意外と見分けが付くのですが、「費用が安いから」と安易に飛びついてしまっている方も非常に多いのです。

さらに、ナチュラルピーリング法といった包茎手術とは言えない一時しのぎのための治療を行い、再手術というケース希望というかわいそうなケースもあります。

しっかり、クリニックを選ぶ際には、方法を含めて参考にすることが大切です。

包茎手術方法まとめでぜひ、手術方法をしっかり知っておいてください。

では、最後に、包茎手術を受ける際の費用の見定め方のポイントをご紹介していきましょう。

 

包茎手術費用の見極め方

おすすめ クリニック

あなたが、ここまで読んでくれていたなら、まずはありがとうございます。

真剣に読んで、ここまでで、こんな感情をお持ちの方もいらっしゃると思います。

・じゃあ結果的には、専門クリニックで受けた方が後悔ないってこと?

・保険診療でも当たり外れの当たりなら、後悔しなくていいんでしょ?

このどちらも回答はYes。

ですから、費用選びに重要なのは、以下の2つ。

1.あなたにとって、何を優先する包茎手術であるか?(傷跡OR今支払う金額OR将来への包茎を治す費用)

2.どんな先生に頼むのか?(アルバイトでもいいOR経験豊富な先生がい良い)

この2つが大きく違います。

この選択次第で、最初の包茎手術になるか、一生に一回の包茎手術になるのかの分かれ道。

これだけの違いはあります。

ぜひ慎重に費用選びはすすめて欲しいと思います。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ