真性包茎が離婚の原因|性行為での不満は精神的苦痛対象?

    

真性包茎が離婚の原因?性行為不満が精神的苦痛になる現実

このページをご覧頂き有難う御座います。

管理人皮切仙人です。

このタイトル見て、うそだ!有り得ない!なんて思う方もいると思います。

しかし、Yahoo知恵袋でも今まさに「真性包茎を理由に離婚したい」

この書き込みが出ている時代。

だからこそ、

このページで紹介する内容は、全て私が医療機関で患者様自身が語った真実の体験談。

あなたにとっては、有り得ない!

しかし、

精神的苦痛という言葉は思わぬところから出てきますよ。

ぜひじっくり読んでみて下さい。

真性包茎を黙って、結婚後始めての行為で起こった結末

真性包茎 離婚 理由

真性包茎が理由で離婚なんて有り得ないでしょ?

そんな思いをこのページを見るまでに思い込んでいた方のために体験談をご紹介していきます。

結婚まで行為が無かったからこそ受けた女性への精神的苦痛

このページにこれからご紹介する内容全てに共通した大切な事。

・もう私がその医療機関にはいない事。

・守秘義務的内容として個人を特定できる要素はない事。

これを含めてご紹介していきます。

その男性は、精神的ショックの元、包茎手術を受けるために来ていました。

過去の体験談で語られたのは、衝撃的な体験談。その全貌を紹介します。

結婚前の前置き体験

・相手と出会ったのは、お見合い。

・結婚までは相手は、バツイチの過去の経験から、結婚してからの男女の時間を強く希望した

・その女性を大切に思ったその人は、その約束をしっかり守った

しかし、

・その時、この男性は自身の真性包茎の悩みを隠し続けていた

入籍をして、ようやくその日が来た。この日、悪夢の時間が訪れたのです。

真性包茎で迎えた悪夢の時間

相手の女性が真性包茎を始めて見たらしく、このショックは次のように罵声のごとく浴びせられたそうです。

・相手の女性が男性をみて、第一声として、「臭い」

・その状態での行為を望まれるなんて聞いていない

・私の2度目の結婚までの時間を返して

・あなたとの行為なんてとてもじゃない無理に決まってる

・これは詐欺だ。慰謝料含めてきっちり話し合いましょう。

まだいくつかあったそうですが、私の記憶にはもうこのくらいしか残っていません。

そのままその女性はその場を離れ、実家に帰ったそうです。

そして、そのまま弁護士から仲介人の連絡が来たそうです。

あくまでも、この条件は、黙っていた事による精神的苦痛が大きな要素になったそうです。

さらに、悪臭という内容が、その時間の苦痛にもなり、吐き気を持つほどだった。

その男性との時間はとても受け入れられるものではない。

子供を産みたい女性の夢と希望のため、あなたとの離婚を希望している

と続いたそうです。

こんな末路が日本で訪れるとは・・・と思いながら話を聞いていました。

次の方の体験談をご紹介していきます。

真性包茎が離婚の原因2 剥こうと思えば大丈夫と嘘

真性包茎 嘘 離婚の申し出

次の体験談も同じ真性包茎の状態を隠す嘘が原因となっているそうです。

女性にとって初めての男性だった事からの精神的苦痛

この男性Bが結婚した女性は、Bが初めての男性だったそうです。

当然ながら、男性は、皆こういう状態なのだ!と誤解していたそうです。

さらに、Bは、

「この状態はあくまでも面倒だからこうしているだけ。剥こうと思えばいつでも大丈夫。」

と伝えていたそうです。

でも、月日が経ちます。

この女性の周りも徐々に結婚、出産を経験する友達が増えた中、この女性はBが真性包茎である事を知ったそうです。

この時、彼女が一気に不安を通り越した不満を爆発させたそうです。

あなたとの時間で私の体に負担があったらどうしてくれる?

・真性包茎は、汚いでしょ?

・真性包茎の旦那だと、病気とか怖くないの?

こんな話を彼女は周りから聞いていたそうです。

しかし、

「Bは、剥こうと思えば剥けると言ってる」

こう言い返す日々を繰り返したそうです。

そんなある日、彼女の友人が、子宮頸がんの診断を受けた母を持ちます。

徐々に、知っていく男性の衛生面についての知識。

旦那の状態への恐怖

この思いは、徐々に不信と変わり、ある行動に出ます。

「いつでも剥けるなら、今向いて見せて」

すると、Bは、観念して、真性包茎であることを伝えたそうです。

しかし、手術するのは嫌だと。

この言葉を聞いた瞬間、女性は、呆れて出て行ったそうです。

後日、弁護士から、慰謝料請求と和解の話合いが持ち出されたそうです。

真性包茎の二人がなぜ離婚の原因として挙げられたのか?について

どちらの男性も「真性包茎を黙っていた」というのが共通点。

さらに、「女性への本当の意味での誠意(手術を受ける前向きな姿勢」)が無かった」

この2つが大きな要素として、精神的苦痛がこの題材を含めて、離婚の申し出の原因、要素」として書式に書かれたそうです。

まだまだありますが、このくらいにしましょう。

真性包茎は、100%害とは言えません。

しかし、女性が不安を持つ要素としての内容には違いがないと言えます。

・結婚後の男性が真性包茎の状態を明かさない事は誠意?

・大事に思うなら包茎手術をしない正当な理由とは?

こんな結婚における言葉の意味を問われる事実が私の周りでは起こったのです。

私がこの記事を書く理由について

記事を書く理由

私がこの「真性包茎と離婚」を書いている趣旨を最後にご紹介していきます。

・決して私は、恐怖を煽るつもりもありません。

・決して私は、嘘を並べて書いている事も絶対にありません。

・決して私は、女性を守る意味で書いているつもりもありません。

私はただ、現実をありのままの体験談として知っていただくことを目的としています。

実際、Yahoo知恵袋でも、この「真性包茎を理由に離婚を考えている」という女性が相談をしています。

あなたがもし、こうした「離婚原因への不安」を持ち真性包茎での生活を迷っているなら、しっかり治す意味が増えると思い、勇気のきっかけになって欲しいと思います。

私も包茎手術を受けたひとり。

形が違っても、包茎の悩みを持ったのは、同じです。

あなたがもし、この記事を読み、少しでも包茎手術の話だけでも聞いてみようと思うなら、私が包茎手術を受けたクリニック記事を読んでみて下さい。

受けるかではなく、事実を知る。

まずはそこからだと私は思います。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ