クランプ法で行う包茎手術は糖尿病インスリン治療者も可能?

    

クランプ法で行う包茎手術なら糖尿病インスリン治療者も可能?

このページをご覧いただきありがとうございます。

血糖値が高いため多くのクリニックで治療が出来ないと言われやすい病気の代表は糖尿病。

さらにインスリン投与を受けていながら血糖値が下がっていない方はさらに注意が必要。

そんな糖尿病治療者の包茎手術の可能性についてクランプ法をご紹介しています。

包茎手術をクランプ法で行う方法とは?

包茎手術

そもそもクランプって何?

そう思う方も多いと思いますので、まずはクランプ法についてご紹介していきましょう。

包茎手術に用いられる代表的なクランプ法とは、機械を使った包茎手術方法。

このクランプ法は、傷跡としては、環状切開法と同じ位置での縫い合わせになります。

という事は、傷跡は間違いなく、ツートンカラー。

これは避けられないのが現実。

でも一つだけ、人の手により行う手術よりもメリットがあります。

クランプ法のメリットをご紹介していきましょう。

クランプ法による包茎手術のメリット 出血量の少なさ

治療方法

医療機器クランプによる包茎手術を行う場合のメリットをご紹介していきましょう。

それは、出血量の少ない方法であること。

結果的に、

クランプ法が最大限活かされる対象者は糖尿病を持つ方。

傷を少しでもきれいに仕上げる目的意識のあるクリニックの場合は、環状切開法では、傷が目立つため、あまり積極的に使いたくない。

しかし、

男性専門のクリニックのようにアルバイトのDrだけで管理され、時間短縮を最優先としているようなクリニックは積極的に利用していることが多い。

すると、

糖尿病を持ち、さらにインスリン投与による治療中の患者であっても対応可能なケースはゼロではないようです。

もちろん、血糖値がいくつでも構わないわけではありませんので、注意が必要。

糖尿の方が抱く必要性のある包茎の状態での不安は、癒着。

この癒着になると正直、大変です。

糖尿病の方は、少しでも血糖値を下げる事を最優先してください。

さらに、空腹時の時間で手術を受ける事を強くお勧めします。

もちろん、主治医からの指示なく、自分勝手にクリニックに訪れて、

「どうしても今日手術してほしい」

と一方的な言い分も控えましょう。

大切なのは、お金をもらう事ではありません。

あなたを安全に最後はしっかり傷も落ち着いて、包茎手術が完成です。

無理を押し付けて、やってもらえたら傷の治りが悪い事をクリニックの責任にする

こんな昔の患者様の一方的圧力にも近い行動は絶対に止めましょう。

最近は、糖尿病患者を断るクリニックは大変多くなりました。

その背景には、こうした過去の患者の強い希望のため行った手術の末路を作った人たちがいたのも大きな要因です。

糖尿病の方で包茎手術をしたいという方がいるなら、どうかクランプ法を優先して探してみて下さい。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ