クランプ法包茎手術は糖尿病インスリン治療者も可能?

    

クランプ法で行う包茎手術なら糖尿病インスリン治療者も可能?

このページをご覧いただきありがとうございます。

血糖値が高いため多くのクリニックで治療が出来ないと言われやすい病気の代表は糖尿病。

さらにインスリン投与を受けていながら血糖値が下がっていない方はさらに注意が必要。

そんな糖尿病治療者の包茎手術の可能性についてクランプ法をご紹介しています。

包茎手術をクランプ法で行う方法

包茎手術

そもそもクランプって何?

そう思う方も多いと思いますので、まずはクランプ法についてご紹介していきましょう。

包茎手術に用いられる代表的なクランプ法とは、機械を使った包茎手術方法。

このクランプ法は、傷跡としては、環状切開法と同じ位置での縫い合わせになります。

という事は、傷跡は間違いなく、ツートンカラー。

これは避けられないのが現実。

でも一つだけ、人の手により行う手術よりもメリットがあります。

クランプ法のメリットをご紹介していきましょう。

 

クランプ法による包茎手術のメリットは出血量の少なさ

治療方法

医療機器クランプによる包茎手術を行う場合のメリットをご紹介していきましょう。

それは、出血量の少ない方法であること。

結果的に、クランプ法が最大限活かされる対象者は糖尿病を持つ方。

傷を少しでもきれいに仕上げる目的意識のあるクリニックの場合は、環状切開法では、傷が目立つため、あまり積極的に使いたくない。

しかし、男性専門のクリニックのようにアルバイトのDrだけで管理され、時間短縮を最優先としているようなクリニックは積極的に利用していることが多い。

すると、糖尿病を持ち、さらにインスリン投与による治療中の患者であっても対応可能なケースはゼロではないようです。

もちろん、血糖値がいくつでも構わないわけではありませんので、注意が必要。

糖尿の方が抱く必要性のある包茎の状態での不安は、癒着。

この癒着になると正直、大変です。

糖尿病の方は、少しでも血糖値を下げる事を最優先してください。

さらに、空腹時の時間で手術を受ける事を強くお勧めします。

もちろん、主治医からの指示なく、自分勝手にクリニックに訪れて、

「どうしても今日手術してほしい」

と一方的な言い分も控えましょう。

大切なのは、お金をもらう事ではありません。

あなたを安全に最後はしっかり傷も落ち着いて、包茎手術が完成です。

無理を押し付けて、やってもらえたら傷の治りが悪い事をクリニックの責任にする

こんな昔の患者様の一方的圧力にも近い行動は絶対に止めましょう。

最近は、糖尿病患者を断るクリニックは大変多くなりました。

その背景には、こうした過去の患者の強い希望のため行った手術の末路を作った人たちがいたのも大きな要因です。

糖尿病の方で包茎手術をしたいという方がいるなら、どうかクランプ法を優先して探してみて下さい。

しかし、クランプ法でも包茎手術のデメリットはあります。

 

クランプ法による包茎手術のデメリットは傷跡

クランプ法というのは、あくまでも環状切開法として用いる包茎手術の術式。

つまりは、傷跡が目立ちやすい手術方法になりやすい傾向もあります。

さらに、執刀する医師もアルバイトドクターを採用しているクリニックが好む治療方法である傾向もあります。

環状切開は時間も短縮できますが、傷跡が目立つ。

亀頭直下埋没法は、フリーハンドであり、手術の傷跡が技術によりカバーされる。

このような決定的な違いがあります。

ぜひじっくり方法を1つに絞りすぎずに、厳選してみて下さい。

糖尿病治療中の方でも、選択の余地があるのか?

この答えは、血糖値等のデータ次第。

そこで、包茎手術を受けたい糖尿病治療中の方に重要なデータ確認項目をご紹介していきます。

 

糖尿病治療中でも包茎手術を受けたい人へ

糖尿病包茎手術

糖尿病を持病で抱えている方全員がクランプ法でしか手術が難しいわけではありません。

血糖の値次第では、どこのクリニックでもスムーズに対応可能な状態もあります。

糖尿病の方が包茎手術を受ける前にチェックするデータ

糖尿病を持病としている方は、以下のような検査のデータをまずはチェックして下さい。

包茎手術前に確認するデータ項目 検査結果数値目安
HbA1c 7以下
空腹時血糖 150以下

正常な血糖値とは違います。

せめて、コントロール出来てると言える数字の目安という見方をしていただきたいのです。

糖尿病の方が無理に包茎手術を受けるリスク

上記のような検査項目ごとの目安数字がある理由は、傷の治りが悪くなる可能性を予測するため。

包茎手術は、出血を伴う手術。

糖尿病の方の場合は、身体の状況から、止血効果が上手にコントロール出来ない事が心配要因。

そして、傷を治す自己修復を阻害しやすい要素が、ヘモグロビンA1cという数値。

ですから、あまり血糖値が高い状態やHbA1cが高い場合は、クリニックから手術不可という決断をされるケースもあるのです。

十分注意しながら、手術方法だけでなく、あなたの持病の状況についても確認してみて下さい。

こうしたデータを含めて、安全に治療を受ける為に、私からおすすめのクリニックもご紹介しています。

全国の包茎手術おすすめクリニックリストで、まだ全ての都道府県ではありませんが、ご案内しております。

興味がある方は、合わせて御覧ください。

包茎手術前の悩み用語集まとめにて、包茎手術のやり方だけでなく、さまざまな専門用語についてもご紹介しています。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ