包茎を矯正で直す?皮をむくだけでは無駄だった最悪の事態!

    

包茎矯正直す

手術費用を少しでも節約したい。

こんな目的から、今このページをご覧頂いている方の中には、本当に治るのか?という疑問を持ってる方も多いと思います。

包茎

この1つの状態から、小学生から90代という幅広い年代が悩みを抱えている時代です。

包茎は治した方がいいと思えた。

包茎は手術した方が確実だと確信した。

この状況にたどり着くまでに、なんとか自力という言葉で、対応してみたいと考える方も多いです。

私のサイトは、静岡県の知人が包茎手術やed治療、傷あと修正等の悩みを抱えた中で体験した内容や私の以下のような経験を活かして運営しています。

元医療業界に勤務して現場を見ていた。

自分自身が包茎手術を経験。(仮性包茎手術)

自分自身がed治療薬を購入した体験。

自分の知人が包茎手術の傷あと修正を静岡で経験。

自分が静岡でパイプカットを経験。

このような自分の人生で、これまで関わってきた包茎手術、ed治療、傷あと修正などを含めた全額自費治療の経験と現場の知識を使った注意を含めて運営しています。

サイト管理人の皮切仙人と申します。

このページでは、包茎矯正治すのは可能なのか?ということについて、以下の内容でご紹介しています。

包茎を矯正で治すとはどういう事?

包茎を矯正で治す事が出来るのか?

包茎を矯正で治すのを諦めた最悪の事態

私のサイトに、相談を頂いた方の口コミを含めてご紹介してますので、あなたの連想してる未来と照らし合わせながら御覧ください。

包茎を矯正で治すとはどういう事?

包茎矯正

包茎を矯正で治すって何を言ってるの?

まずは、矯正とは何を意味するのかをご紹介していきます。

包茎を矯正で治す時のイメージは違和感が多い!

包茎を矯正する。

非常に多いのが、包皮の皮を剥くことができる状態にする。

この考え方をよく見かけることがあります。

しかし、この考え方って、何か違和感を感じないですか?

  1. 包茎って皮が被る理由に先端の大きさが小さい事は関係ないの?
  2. 包茎って皮が被る状態でしょ?
  3. 矯正って皮を伸ばすってこと?
  4. 革が伸びたらもっと被りやすいんじゃないの?

このような疑問を抱く方が非常に少ないのです。

包茎を矯正できるということは、皮を引っ張り続ける状態を維持するという事が必要ですよね?

しかし、お風呂や寒い時や寝てる時等も含めて考えると、剥き続けて管理するなんてほぼ無理な事。

まずは、ある意味の非現実的な言い回しが多い事を気付いていただきたいのです。

では実際に、包茎は矯正で治せるのか?という答えをご紹介してきます。

 

包茎を矯正で治す事が出来るのか?

包茎矯正治す

包茎を矯正で治すって現実的な考え方なのでしょうか?

こんな質問を頂きましたので、考え方としてご紹介していきます。

包茎を矯正で治すという対象が重要!

包茎を治す。

この言葉には、状態により治すという答えが違うのです。

具体的には、以下のような考え方があります。

包茎の状態 治ったと想像してる未来
仮性包茎 ペニスの皮が縮んだ時もかぶらない状態
かんとん包茎 しめつけられない状態で良い。
真性包茎 とにかく剥く事ができる状態(カントンでも良い)

このように見ていくと、仮性包茎から真性包茎までそれぞれの状態が異なる分、治すという言葉の先に見ているイメージは全く違うのです。

真性包茎は、仮性包茎の状態にする事が矯正のゴールかもしれません。

しかし、包皮輪狭窄を持つカントンや真性は、皮を伸ばすことができれば包茎の状態での生活の苦難が少し緩和されることも有ります。

ですから、包茎を矯正で治すという言葉の先に見てる未来は全く別物。

この視点をまずは知っていただきたいのです。

包茎を矯正で治すというのは仮性には現実感が薄い?

包茎を矯正するために必要な事は何か?

この考え方で最もハードルが高いのが、仮性包茎。

何故か?

仮性包茎とは、皮を剥くことは出来るがかぶってしまう状態。

この状況の方は、単純に皮が長い、厚い等も考えられるのです。

しかし、矯正という言葉の多くは皮膚を伸ばす事が多いです。

つまり、悪化する可能性はあっても、本来の自然な状態で皮を矯正するという未来に皮が縮むというのは無理がある。

この現実を知っていただきたいのです。

では最後に、包茎を矯正で治すつもりが結果的に手術を受ける敷かないと思ってしまった方の口コミ相談をご紹介していきます。

 

包茎を矯正で治すのを諦めた最悪の事態

包茎矯正治す口コミ相談

私の知人を介して、「ちょっと困ったことになってるみたいだから相談にのってあげて」

こんな内容がありましたので、口コミとしてご紹介していきます。

包茎を矯正で治す口コミに値する相談とは?

包茎手術を受けるのは怖かった。

だから、自分で痛みを感じながらでも治せるならと思い、矯正器具を買った。

このような経緯を持つ知人の知り合いが以下のような相談をしてきたのです。

包茎の矯正器具を半年前に購入しました。

この商品が悪いとかそういう問題ではなく、今の状態に困ってしまっています。

今の状態は、

・皮を伸ばそうとした部分が手の指のあかぎれのようにパックリ割れてしまっている。

・軟膏などをもらいに行きたいけど保険を使えば、奥さんが何か気付く気がする。

もう結婚もしてる方からの相談だったようで、保険を使ったこともバレると何を言われるか怖くなってしまったそうです。

転勤中に経験して、困ったことになっているという状態の悩みでした。

矯正器具を買う。

この行動は、ネット通販でも買える時代。

だからこそ、多くの人は、期待と不安を交錯させながらも、奇跡を信じて購入してることも多いようでうs。

でも、実際には、こんな口コミのように、皮膚をのばすどころか逆に傷付けただけで終わった。

こうした結末も包茎の矯正のグッズにはリスクもひそんでいるのです。

私は、正直、この答えで、以下のように回答しました。

包茎を矯正で治すつもりが悪化したらどうすればいい?

私は、もうこの段階まで行ったら、臨時対応をすべきではないと答えました。

何故か?

性行為の計画もある人が多いのが、包茎の悩みを抱える大半の世代。

そして、矯正グッズに期待をするのは、若い世代の方が圧倒的に多いです。

だからこそ、長い将来を考えるなら、包茎手術を受けておく方がいろいろリスクがない。

この考え方を少しでも元医療機関に務めていたからこそ伝えたいのです。

・やり直す必要がない可能性が高い。

・体を傷付けた今の状態を治してもくせになったら未来がもっと面倒になる。

・包茎に悩む未来と手術費用を払った先に過ごす余生を比較したら、採算性は合うことも多い。

このような視点を含めて、包茎手術を受ける事を検討してもらうようアドバイスをしました。

やはり、医療というのは、自分で直せない事だからこそ、手術という手技的方法を採用している。

この点を包茎手術においては、検討して頂くことも大切なのです。

薬で治るものなら、手術をさけても方法がある。

こうした事も、治療内容には医療の業界では当たり前にあります。

しかし、包茎だけはこうした事ではない。

だからこそ、自分がのちのち後悔する可能性がある方法を選ぶことは避けるべきではないでしょうか?

このページでお伝えしたかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ