包皮口とは?狭窄(狭い)時広げる伸ばす?正しい治し方手術は?

    

包皮口狭窄という内容について、このページをご覧頂きありがとうございます。

包皮口、この言葉を検索しているあなたはこんな悩みがありませんか?

包皮口が狭くて広げられない

包皮口が切れる

包皮口が伸びればいいのか?

真性包茎は実質無料で治せる可能性がある?

こんな包皮口にまつわる疑問を1つ1つご紹介していますので、じっくり読んで自分の悩みの解決法を明確にしていきましょう。

包皮口悩み1狭くて広げられないのは真性包茎?

包皮口が狭いとは?

包皮口の悩みでも一番多いのがこの広げられない悩み。

理由は、簡単。

包皮狭窄のある包茎である可能性が高いのです。

つまり、真性包茎であるということ。

内版包皮と外側の皮膚の境目が狭窄を起こすのが、主な原因。

この包皮口の悩みを無理やり行うことで起こるリスクを次にご紹介していきます。

包皮口の悩み2切れる!?

インターネットを使って調べていると、

・包皮口を少しずつでも伸ばして癖をつけていけば治るよ

随分根拠のない、めちゃくちゃな方法で試している方もいらっしゃいます。

実際ネットに書かれている無責任な囲みの数々(例)

・異物を突っ込みながら、開ける・お風呂で伸ばせば治る

・勃起を積極的にすれば治せる

あなたがもし、こうした方法を信じて、やってみようと思うなら、絶対辞めてほしい。

理由は、こうした無謀とも言える内容でチャレンジした方がたどるのが、「包皮口が切れる」という症状だから。

包皮口が切れると治りは悪いです。

特に、糖尿などの持病を持つ人は、包皮内板の記事を読んで、早めの治療をして欲しいのです。

ですから、切れる原因となる行動は絶対に控えましょう。

 

包皮口の悩み3.狭窄は伸びればいいのか?

包皮口狭窄を自分で直す

この解決方法を探しながら、自力で治すを一生懸命探している方も多いようです。

でも、よく考えてみてください。

包皮口を伸ばす方法や広げる方法がもし正しいなら、包茎手術はしていないのではないですか?

もし、この方法が医療でも正しいとされているなら、広げる方法はクリニック等が公開していると思います。

でも実際は・・・・そんな話全然出てきませんよね?

それは、商売だからでしょ?

いいえ、商売というよりも、根拠がないから。

商売文句だけを掲げるのでなく、正しい治療法をインターネットで公開していく。

この方が、医療が取り組んでいる現代の現状だと思います。

安易な個人的発送を配信している方はかなり少なくなっていると思います。

ですから、

どの医療機関でも伝えていない方法は、自己責任とはいえ、切れるリスクを背負ってまで行うメリットはない!

この考え方を大切にして欲しいと思います。

包皮口が狭い狭窄型包茎(かんとん包茎真性包茎)の場合、時々、こんな意見を聞く事があります。

包皮口が切れた!

皮膚は、伸びるどころか逆に劣化により切れやすくなる人もいますので注意が必要。

この切れてしまう皮膚とは、包皮内板

もちろん全員ではありません。

その見極めが、こうした「皮を伸ばす」という事には細心の注意が必要であることを知ってほしいのです。

学生時代でも社会人でも、包皮を伸ばすとか広げるというのは安易であり、さらにリスクが大きい行為。

決して勧められまえん。

こうした経験があるせいで、縫い合わせたい皮膚部分の傷が大きいせいで、縫い合わせる時の傷跡に影響する可能性もあります。

十分注意して、炎症などをおこなさないよう「できる限り清潔に保つ」

これだけを徹底しておくことをオススメします。

 

真性包茎の場合は、実質無料で治すことが出来る可能性有り?

真性包茎手術費用実質無料

ここまでをお読みいただきながら、包皮口を伸ばすことはリスクがある事も十分ご理解いただけたと思います。

しかし、

・そうは言っても、手術をする金銭的余裕がない

・金銭的な事情では、最低限の治療をとにかく早く受けたい

そう思う方もいらっしゃると思います。

ですから、私は、あらゆる方法を探してみたのですが、たった一つだけあります。

実質無料で真性包茎を保険診療で手術する方法。

このページで詳しくご紹介していますので、商品ですが、この内容買う買わないというより、その先の得が真面目に買わない方がそんなレベルになっています。

他にも、包茎手術関連用語集まとめにて、さまざまな用語についてもご紹介しています。

興味がある方は、御覧ください。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ