包茎手術春夏は汗が?秋冬の方が?傷の化膿を心配すべき事とは?

    

包茎手術の受ける季節で化膿や経過が悪くなる?誤解と正しい知識

このページをご覧頂きありがとう御座います。

包茎手術を受けたいけど、夏は汗かくから大丈夫なんでしょうか?

こんな質問も頂きましたので、このページで解説させていただこうと思います。

このページでは、あなたが誤解している季節のタイミングと包茎手術についてご紹介しています。

夏に包茎手術をするメリット・デメリット?

冬に包茎手術をするメリット・デメリット?

包茎手術を受ける季節はいつがいいのか?

包茎手術術後に化膿を心配する注意点とは?

等をご紹介しています。

誤解をしない正しい包茎手術前の予備知識をつけていきましょう。

夏に包茎手術をするメリット・デメリットとは?

包茎手術 包茎治療 夏 不安

包茎手術を夏の暑い時期に受ける際のメリットデメリットをご紹介していきます。

夏に包茎手術・包茎治療を受けるメリットとは?

まずは、メリットをご紹介していきます。

包茎手術を受けると必ず必要になるのは、包帯を巻き続けなければいけないひと時があること。

よくある誤解は、

夏に手術するのは化膿してしまうリスクはないのか?

夏に手術するのは治りが悪くなるのでは?

こうした誤解が多いです。

実際、夏と冬では代謝は夏の方が良いのです。

ですから、

夏に受けるメリットは、傷の治りが早い可能性が冬より高い事。

「夏だから、化膿してしまう」という考え方は、迷信であり、関係ないのです。

この他にも

・お風呂に浸かる時間がなくても大変ではない・夜間の布団ではあまり厚い布団類を掛ける心配がない(熱がこもらない)

・通気性のいい環境を服装的にも作りやすい

・温泉などの入浴観光シーズンではないから誘いもかかりにくい

こうした冬とは違い、傷ではない、周りの環境が整備しやすいのが夏の最大のメリットになります。

では、デメリットもご紹介していきます。

夏に包茎手術・包茎治療を行うデメリットとは?

夏に受けて大変なのは、一部の方だと思います。

・サーフィンを好む方・プール等をよく使う方

・夏の温泉が好きな方

こうした夏といえば、水という類の趣味や娯楽をお持ちの方は、ちょっと我慢のひと時が必要になります。

クリニックにより、これらの解禁日は違うと思います。

ですが、いずれも手術をして翌日から大丈夫です。

こうした回答はまず難しいと思います。

夏の趣味を一時でも失うのは嫌だ!

こういう考えの方は、秋冬の方がいいかもしれませんね。

では、反対に秋冬に行う治療のメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

冬に包茎手術をするメリット・デメリットとは?

包茎手術 秋冬 メリット デメリット

では次に、秋冬に受ける包茎手術治療におけるメリットデメリットを解説していきます。

冬に包茎手術治療を受けるメリットとは?

冬は何が包茎手術を受けるのに適しているのか?について解説していきます。

冬は、以下の内容が夏より快適になります。

・固定するための下着をボクサーパンツなどにしても蒸れにくい・シャワーを浴びたいなど夏より水に触れたい時間は少なくて済む

・体温が下がりやすいため、出血等も環境的視点から夏より安心しやすい

等が夏より心配が少なくてすみます。

冬だから安心!

その考えはちょっと安心しすぎです。

夏に比べて、冬は以下の点がデメリットに感じやすいないようになります。

冬に包茎手術治療を受けるデメリットとは?

冬も夏の海やプールと違う娯楽がありますよね?

・スキー、スノボー・温泉、サウナの利用

・ゴルフ(これは年間ですが・・・)

こうした温泉に関わりやすい娯楽を趣味にされている方は、夏のプール、海同様に制限がかかりやすい内容があります。

こちらも、解禁日はクリニックにしっかり確認しておくことをオススメします。

この他にも

・夜間は、掛け布団などで、ムレる環境が作りやすい・衣類を厚くしてしまうため患部の出血などを気づくタイミングが遅くなりがちになる

・シャワーだけでは寒いと感じる生活環境もある

・冬の方がクリスマス、初詣などのカップルイベントは豊富にある

こうした内容も傷の経過を心配する方には、デメリットと感じる方もいます。

こうした夏と冬にはともに、一長一短となるのが現実。

では、包茎手術を受ける時期はいつが一番安心要素が多いのか?

もう想像がついている方も多いと思います。

では、ご紹介していきます。

 

包茎手術を受ける季節はいつがいいのか?

包茎手術 包茎治療 タイミング 季節

私から見たおすすめの包茎手術治療の受けるタイミングについてご紹介していきます。

包茎を治すのは、季節ではなく趣味の時期を避けること

上の内容から、春と秋が一番いいのではないか?

そう想像されている方もいると思います。

暑さ寒さの選択肢を基準にしても、あまり変わりません。

生活している中で、

・お風呂に入る・シャワーを浴びる

・寝る

この行動派いつの季節も変わりません。

ですから、

重要なのは、あなたの趣味に影響してしまうリスクが高い季節を避けること。

あなたがしっかり治りやすい時期に治したい

そう思う気持ちは大切だし、慎重になる気持ちも分かります。

しかし、

現実の状況では、傷の治りがそこまで暑さ寒さで変わる心配はありませんので、まずは安心してください。

問題は、あなたが「もう治したい」と決意したタイミングと趣味とのタイミングが一致するのは避ける。

この気持ちの整理の方が重要なのです。

では最後に、包茎手術後に化膿してしまう可能性のある行動についてご紹介していきます。

 

包茎手術術後に化膿を心配する注意点とは?

包茎手術 クリニック

包茎手術を受けてから化膿してしまう

この不安を持つ方は非常に多いと思います。

しかし、

そう簡単に傷が可能する条件というのはありません。

対策と安心のために、傷が可能してしまう条件について解説しておきたいと思います。

包茎手術傷口を可能させてしまうリスクのある行動とは?

あなたはこの治り方を化膿だと思っていませんか?

傷口周辺が赤くなってるのは正常の範囲内。

可能ではありませんので安心しましょう。

包茎手術の傷も、転んだ時の傷のように治っていきます。

・緑黄色などの付着物が一時的につく時間はあります。

これらをしっかりお風呂で洗い落とすことが重要

・勝手に市販の消毒購入等をして傷口に負担をかけることを避ける

治療をしたところで出された薬以外を安易に使うこともオススメできません。

一番気をつけるべきこと

・家族でも感染症や移る可能性がある病気を持つ方とタオルなどを共有しない

・そういう環境の方とお風呂を共有するなら、お風呂上がりに再度患部をボディーソープ等で洗う。

こうした工夫をしておくことが大切です。

自分の体が傷を治そうとする働きの中では、簡単には可能しません。

治そうとしているのにさらに負担をかけられ続けることで、化膿する可能性は出てきます。

怖がらない傷のケアがどんな傷でも化膿を防ぐ一番の近道。

包茎手術を受ける季節のタイミングと化膿の心配まとめ

これまでの記事内容を箇条書きで簡単にまとめています。

・夏にもメリットデメリットがある・冬にもメリットデメリットはある

・季節を優先するのではなく趣味とのタイミングを考える事が重要

・傷口の負担をかけ続ける事で化膿するリスクはある

・傷口のケアは勝手な購入物使用を安易に行わない

再度お伝えしますが、あなたの包茎手術を受けるタイミングは、自分の趣味を優先できる趣味の影響がない時期に選ぶ。

これだけで変な誤解を受けた選択の迷いは捨てるようにしましょう。

この他にも、包茎手術前に知っておきたい予備知識まとめには様々な情報を公開していますので、ぜひ参考にしてください。

私への直接の相談ももちろん可能です。

あなたに「失敗後悔をさせない包茎手術」を決める手助けをさせていただけたらと思います。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ