包茎手術の失敗例で人生悔やまない為の方法選び方まとめ

    

包茎手術で方法選びに失敗をしないコツをご紹介

このページをご覧頂き有難うございます。

包茎手術について真剣にお考えいただいているあなたはこんな迷いを持っていませんか?

・よくある包茎手術の失敗とは?

・よくある包茎手術の失敗体験談とは?

こうした失敗を心配する気持ちを落ち着かせる意味でも、失敗の考え方、見方をご紹介しています。

包茎手術の失敗とは?

包茎 恥ずかしい

包茎手術を受けて失敗する状態というのはどういう状態なのか?

こんな疑問を持ちながら、病院選びをしている方はまだまだ多い。

しかし、

何が証拠での失敗を語るか?

この失敗という言葉を明確にするうえでは、非常に難しいのも事実。

では、明らかな失敗と言える内容や結果とはどういう状態なのか?

をご説明していきましょう。

現代の包茎手術だからこそいえる失敗例とは?

包茎手術の基礎となる方法を定着させたのは、亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法の発表後における包茎手術の中でも、まだまだこの根拠とは異なる包茎手術を実施しているクリニックは数多く存在します。

では、失敗の典型的パターンを一つだけ紹介したいと思います。

傷は消えます。

この内容だけは、説明時点で、かなりおかしいのです。

包茎手術は包皮の一部を切って縫い合わせます。

「手術をしたのに傷が無い、消える」こんな魔法のような事はあり得ません。

傷は残る。しかし、目立たない場所に縫い合わせるのか?

傷の目立ち方が、

環状切開法

切らない包茎手術/ナチュラルピーリング法

保険適応の包茎手術

クランプ法

等の方法による違いとなるのです。

どれも、傷はあります。

傷が消える治療は、治療していないという事と同じです。

聞こえがいい発言から生まれた失敗体験談にならないように十分注意しましょう。

私が現場で見てきたよくある包茎手術失敗体験談とは?

仮性包茎 手術する理由 年代別 恥ずかしい体験談

包茎手術の体験談をお持ちの方が、傷跡修正に訪れる最も多いパターンをご紹介していきましょう。

1度目を失敗体験談と感じる方の選んだ特徴とは?

包茎手術を受ける時、2つの選択を迫られる内容があります。

・環状切開法なのか鬼頭直下埋没法なのか?

・もう一つは糸。

糸?

なんでそんなもので失敗談になるの?

理由は?

糸の種類の選択は、人生の分かれ道ほどの決定的な違いがあるから

詳しくは、下の2つのリンク先を確認してください。

・とける糸の特徴

・抜糸が必要な糸の特徴

技術的な違いではなく、患者の楽を優先する目的で使われているのが、とける糸。

・遠方からその日のために来た人

・通院を面倒だと思い、節約を含めて抜糸する糸を選ばなかった人

こうした単純なその時の理由だけで、経過を含めて、包茎手術を日帰りで簡単に仕上げようとした方の多くが抱える失敗体験談こそが傷跡。

あなたがもし、「失敗したくない」と思うなら、クリニックの軽はずみな誘いに乗らず、しっかり見極められる確信を持つことをお勧めします。

私が、自分の傷跡にも満足して、衛生面も日常の煩わしさからも開放してもらえたと心から思える包茎手術。

その感情をぜひあなたにも味わってほしいので、私が体験した包茎手術ページも用意しています。絶対オススメできると確信していますので、ぜひ参考にしてください。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ