環状切開方法による包茎手術の傷跡は目立つ?包茎用語集

    

環状切開法による包茎手術とは?用語集

このページをご覧いただきありがとうございます。

環状切開法による包茎手術を検討されている方が気になる疑問にお答えしています。

環状切開法は傷跡がツートンカラーになるのか?

環状切開法は包皮小帯は切除されるのか?

等皆様の気になる内容を中心にお答えしています。

環状切開法は傷跡がツートンカラーになるのか?

包茎手術 方法 環状切開法 写真

包茎手術を環状切開法で行う場合の最大のリスクについてご紹介していこうと思います。

環状切開法の最大のリスクは、ツートンカラー。

イメージで伝えるなら、黒い線で仕上がるのが環状切開法による包茎手術の傷跡。

かなり目立つのは解りますよね?

包茎手術の古典的方法とも言える環状切開法ですから、傷跡については妥協するしかないと思います。

では次に、小帯部(裏筋)はどうなるのか?についてご紹介していきましょう。

包茎手術を環状切開法にすると包皮小帯は切除されるのか?

治療方法

包皮小帯を気にしすぎた余りに包皮小帯周辺が腫れ上がる場合もあるので、こだわり過ぎには要注意!

包皮小帯が切除されるかどうか?

この答えは、執刀医の判断となる事が多いとお考えください。

切除が必要な場合というのも包茎手術におけるリスク回避として存在します。

あなたがあまり強い要望を出す事で、手術リスクが上がる事もありますので、十分ネット上からの推測による自己判断を執刀医に伝えるのは控えましょう。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ