包茎手術・治療関連用語集カントン包茎とは?

    

包茎手術関連用語集 カントン包茎とは?

このページをご覧いただいたあなたは、こんな悩みや疑問を持っていませんか?

自分はカントン包茎なんだろうか?

カントン包茎は何が悪いのか?

カントン包茎は手術する必要があるのか?

かんとん包茎は、そのままにしておくとリスクやデメリットはあるのか?

こうした疑問をこのページでは、明確にご説明していますので、ぜひ包茎手術を受ける前のしっかりとした知識として活用してください。

自分はカントン包茎なんだろうか?

包茎とは

まずはかんとん包茎がどんな状態なのか?についてご紹介していきましょう。

あなたはこんな経験がありませんか?

・通常時、又は勃起時に皮を剥くことが出来るけど、締め付けられるような違和感がある

・勃起をすると、とても皮を剥いた状態でいるのは大変

こうした

亀頭を出すことが、出来てもその状態を維持しにくい包茎の状態

この状態こそが、かんとん包茎の最大の特徴。

では、このかんとん包茎の状態は何が悪いのか?についてご紹介していきましょう。

カントン包茎は何が悪いのか?

性行為 痛い 原因 包茎手術

あなたはかんとん包茎の状態を妥協する今をこんな思いで過ごしていませんか?

・かんとん包茎でも生活はできるから大丈夫

・かんとん包茎でも一生を終える人もいる

どちらも正解か?

と聞かれたら、私なら「ぎりぎりの危ない橋を渡っている」と伝えると思います。

その根拠は?

それをこの次の包茎手術をする意味についてご紹介していきましょう。

カントン包茎は手術する必要があるのか?

包茎手術の必要性

かんとん包茎になぜ包茎手術を受ける意味があるのか?について説明していきましょう。

その答えは、

緊急性を要する手術になる可能性がかんとん包茎には誰にでもあるから

かんとん包茎で締め付けられた状態の末、そのままだったらどうなるか?

あなたは想像できますか?

最悪の場合は、亀頭部が壊死してしまうのです。

だから、かんとん包茎の手術は、必要だと考えて欲しいのです。

このリスクだけでなく、あなたのカラダは年齢とともに老化していく。

この年齢とともに、で起こるリスクやデメリットを最後にご紹介していきましょう。

かんとん包茎は、そのままにしておくとリスクやデメリットはあるのか?

包茎手術 手術後 注意点

かんとん包茎をそのままにしておくことでのリスクやデメリットをご紹介しています。

年齢とともに、持病を抱えたことによるリスク・デメリット

かんとん包茎だった過去、しかし、糖尿病や高血圧等の年齢とともに襲う生活習慣病。

この相性は、最悪の事態を有む可能性があるのです。

それは、真性包茎の状態になってしまう

なぜ?

包皮も血流(血液の循環)が悪くなると、治りが悪くなります。

結果、

包茎の状態では、内版包皮は傷がつきやすい為、年齢とともに包皮炎等も起こりやすくなるのは年齢とともに仕方のないこと。

この傷秀句ができなくなり、結果、真性包茎になってしまうこともあります。

その場合は、

・血糖値により包茎手術ができない

・血圧治療の為の血液をサラサラにする薬を飲んでいたのですぐに手術ができなかった

等あなたは本当に悩んで、困っているのに、あなたの持病のせいで包茎手術ができなくなる事もあるのです。

まさに、負の連鎖

あなたは、そのリスクやデメリットを抱えて生きていくのですか?

それとも、一生に一回、日帰り手術を受けることでこの悩みから解放されますか?

こう問われているのが、かんとん包茎なんだと思います。

このほかにも、包茎手術にかかわる必要な用語集もご用意していますので、ぜひ合わせて参考にしてみて下さい。

真剣に包茎手術を考えている方へは、私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ