カントン包茎とは?

    

かんとん包茎とは?について、このページをご覧いただきありがとうございます。

包茎手術を将来は受けたいと思っているけど、自分の状態すらわからないという方も多いと思います。

包茎の種類を正しく知る。

まずは、ここからスタートだと思います。

私のサイトは、包茎手術について、元医療業界に勤務し、現場の知識を持ち、さらに自分でも手術を経験した体験、知人は、傷跡修正を受けた経験を持つことからクリニックの見極め方等もご紹介しています。

サイト管理人皮切仙人です。

かんとん包茎って何?

かんとん包茎って治療すべき?

かんとん包茎の治療費って高いの?

かんとん包茎の原因。

かんとん包茎は保険が効くの?

とにかくさまざまな事が気になると思います。

ですが、まずは状態を確認する段階からご紹介していきます。

自分はカントン包茎なんだろうか?

かんとんほうけい

かんとん包茎という言葉だけを見た!

この状態では、自分がそもそも包茎の種類で何に該当しているのかすら解っていない。

こうなると、手術費用の確認を含めていろいろ困りますよね?

まずは、かんとん包茎の状態を知ることからはじめていきましょう。

かんとん包茎の特徴1.痛い

包茎の種類の中には、生活をしていて、痛いと感じる事があるほうけいもあります。

以下のような項目が当てはまる場合は、かんとん包茎で有る可能性が高いです。

  • 勃起をする時明らかに陰茎(サオ)が痛い気がする。
  • 無理に剥こうとすると、痛いが無理矢理なんとかすれば剥ける。

かんとん包茎の状態では、特にこうした痛みを感じる事が顕著になります。

仮性包茎の場合は、日常の生活で剥いても痛みもありません。

真性包茎の場合は、日常生活で、無理矢理剥こうとしても剥けません。

こうしたポイントを分けていくと、自分の包茎の種類がかんとんである可能性を絞り込むことができていくのです。

かんとん包茎の特徴2.普段

普段の通常時の状態はどうなのか?

普段の日常生活でのカントン包茎の特徴は、以下の通り。

  • 亀頭を全部覆って隠してしまっている。
  • トイレ等に行って剥くのは、ちょっと苦労する又は、剥くのに癖がある!
  • お風呂では、剥いて洗えても戻せなくなるのが怖くて、早めに戻す。
  • 痛みがあって、剥いてる時間を維持できない。

こうした特徴を持つケースが多いです。

是非自分の状態を確認する為に活用してみて下さい。

では続いての内容をご紹介していきます。

 

かんとん包茎の原因

かんとん包茎原因

かんとん包茎ってそもそもなぜこんな状態になるの?

この原因という視点からご紹介していきます。

カントン包茎の原因は、包皮

カントン包茎になってしまう方の原因は、包皮という皮の形に特徴があるせいです。

かんとん包茎の方には、皮に以下のような特徴があります。

  • 包皮絞扼輪という広がりが弱い部分が存在する。
  • 自力で無理矢理広げたりすると裂けてしまう事もある。
  • 勃起時には、戻せなくなるほど締め付けてしまうこともある。

このように、皮が本来なら、自由に広がるはずが、広がらない事により、絞扼輪という部分を作り出し、包皮輪狭窄という狭くなってしまう状態に至るのです。

ですから、包皮の口が広がらない事が主な原因となります。

 

かんとん包茎の判断でよくある誤解!

かんとん包茎判断注意点

かんとん包茎だと思っていなかった!

こんな声も現場にいた時代は多かったです。

このような誤解をしている人は何を勘違いしていたのかをご紹介していきます。

かんとん包茎の判断に多い誤解は、日常生活!

日常生活をしている中では、ほとんど締め付けられる感覚等も少なかった。

こうなると、当然勃起の頻度が少なくなるにつれて、包茎の種類を正しく見極めるのが難しくなっていきます。

以下のような方は特にご注意下さい。

  • 日常の生活では締め付けがわからない。
  • 勃起時にも違和感を感じる程度で、締め付けられる程はわからなかった。
  • 年をとってから、頻尿になり、朝立ちもほとんど経験しなくなった。
  • 性行為の頻度も減り、締付けられる感覚も遠ざかってしまった。

こうなると、勃起するという自然の流れも経験しにくくなる方も年齢が高くなるに連れて増えます。

正しく自分の包茎の状態を知るためには、特徴となる部分を見逃さないことが大切。

安易に普段の日常生活での外観だけで、判断するのは間違いの元。

自分で判断する自信の無い方は、専門のクリニック等に行って、しっかり状態を教えてもらいましょう。

しかし、あくまで手術をするかどうかは、カントン包茎のリスクを総合的に判断して、自分で決める事が大切になります。

こう問われているのが、かんとん包茎なんだと思います。

このほかにも、包茎手術にかかわる必要な用語集もご用意していますので、ぜひ合わせて参考にしてみて下さい。

真剣に包茎手術を考えている方へは、私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

他にも、真性包茎の方必見!

専門クリニックに行くのが高額請求が怖くていけない!

こんな体験をした方には、全国全員が適応する方法ではありませんが、実質無料で真性包茎手術を受ける方法もご紹介してます。

どうにかして包茎手術を受けたいという方は、参考にして下さい。

このページを最後までご覧いただきありがとうございました。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ