亀頭直下埋没法とは?包茎手術の歴史と関連用語

    

包茎手術方法説明 亀頭直下埋没法とは?

このページをご覧頂きありがとうございます。

亀頭直下埋没法という言葉から皆様が知りたいのは

・どんな方法?

・傷跡は綺麗なのか?

等が具体的に知りたい事と思います。

では、それぞれを明確にご紹介していきましょう。

亀頭直下埋没法とは? 包茎手術方法の用語集

治療方法

亀頭直下埋没法という包茎手術の方法について詳しくご紹介していきましょう。

亀頭直下埋没法を発表したクリニック

亀頭直下埋没法という言葉を提唱し、現代にまでずっと浸透させている最初のクリニック。

このクリニックは、中央クリニック。

中央クリニックが学会で発表した事で始めて浸透した方法。

では、

亀頭直下埋没法は何が違うのか?

についてご紹介していきましょう。

亀頭直下埋没法の良さや傷跡とは? 包茎手術方法の歴史

包茎手術 歴史

包茎手術は、皆様いつから行われているか?

亀頭直下埋没法は何がすごいのか?

について順にご紹介していきましょう。

包茎手術の日本の始まりとは?

私が現場にいた時、教えていただいたのは、70年ほど前と聞きました。

しかし、

当時包茎手術を医師に教えていたのは、医師ではない村人らしいのです。

はっ?村人がなんで医者と話ししているの?

私もそう思いました。

しかし、よく話を聞いていると、

戦時中、駐在する先の先住民たちからで、病気予防(HIV予防)を含めた病気の蔓延リスクを教えられた。

というのが、包茎手術の始まりだそうです。

その時の包茎の治療法が、様々な国内医師の基に様々なルートをたどって伝えられたそうです。

時は経ちました

平成元年

中央クリニックが美容外科学会で、それまで、「自己流」が主体だった包茎手術に、基本を作ったのです。

・傷跡が目立ちにくい方法

・病気にならない為の衛生面確保された方法

それが、亀頭直下埋没だと言われています。

ですから、

現代の包茎手術で傷跡が目立ちにくい、亀頭のすぐ下に傷を作る方法はその名前を会社名にてオリジナルにした名称

中央クリニックが歴史ある亀頭直下埋没法による包茎手術を行う唯一のクリニックとなるのです。

亀頭直下埋没法の傷が他の手術と何が違うのか?を最後にご紹介していきましょう。

亀頭ちょっかい埋没法による包茎手術の傷跡は?

包茎手術における最大の悩みとも言えるのは、手術後の傷跡。

亀頭直下埋没法は、何がすごいのか?

これが明確にわかります。

亀頭直下埋没法 包茎手術 方法

これが、大体の亀頭直下埋没法による傷跡のライン。

昔や亀頭直下以外の包茎手術による傷跡のラインは、

包茎手術 方法 環状切開法 写真

昔の包茎手術(亀頭直下埋没法が出る前までのバラバラな包茎手術方法)

・通常時にも傷は隠れない

・勃起時には、かなり傷が目立つ

これが当たり前の時代だったのです。

この2つの悩みを亀頭直下埋没法が解決しました。

・通常時は、クビレで傷は隠れて見えにくい

・勃起時に突っ張るように作るので、皮が足りないと言われた時代の長さの不安定さが解消

・個人の大きさ長さに影響されない同じ仕上がりを作る事の出来る方法

これが亀頭直下埋没法のすごいところ。

あなたが選びたい包茎手術はどんな手術方法ですか?

・できるだけ傷は目立って欲しくない

・皮が足りないなどのリスクは避けたい

現代では、包茎手術には、「当たり前の要望」となっています。

昔はこの内容さえ大変だった時代があるのです。

自分の包茎手術をどんな方法にするかは他の方法をじっくり読んでから総合的に判断してみてください。

私は、亀頭直下埋没法を受けて良かったと思ってます。

全国の一部ですが、私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ