包茎とは?失敗後悔しない為の用語集

    

包茎とは?包茎手術・治療を検討してる方へ真面目な用語集

包茎手術を受けてみたい

この包茎の悩みを1日でも早く改善したい

彼女にコンプレックスを抱いて過ごす日々にサヨナラしたい

介護の心配をして過ごす日々にサヨナラしたい

あなたはこんな思いを抱きながらの人生に満足ですか?

悩みに解放された生活を送るための包茎手術。

だったら、基本をしっかり知っておきましょう。

「この知識こそ結果に満足する最短ルート」そんな気持ちで私は皆様へこのページをご紹介しています。

包茎手術・治療準備用語|包茎とは?

包茎とは

包茎とは、ペニスを覆っている包皮の長さが亀頭という先端部にかぶっている状態のこと。

包茎の種類には、

仮性包茎

カントン包茎

真性包茎

という3種類が存在する

包茎とは、これらすべての状態に問わないすべてを総称する言葉。

包茎は異常なのか?治すべきなのか?

あなたは、こんなふうにも考えたことありませんか?

・包茎は、普通のこと。

・治す必要も無い

・失敗、後悔する元だからやめたほうがいい

現代のインターネット社会では、調べれば調べるほど

洗脳。

私はこの言葉が、ぴったりだと思っています。

そもそも包茎手術は何のためにするか?

あなたにはこの言葉の真実をお届けしておこうと思います。

WHO(世界保健機構)が認める包茎手術の真実

包茎手術を受けるべきか?

この問いに明確に答えるのは、あなたの価値感が全てだと結論では思います。

しかし、世界保健機構という大きな母体がこの包茎手術を正式に意味のある治療であることを認めているのをあなたは知っていますか?

2007年3月28日。

この日、包茎手術がエイズウイルス(HIV)感染を減少させる効果があるとして、包茎手術をエイズ予防策の一つとして正式認定。

この一文が示す意味は伝わりますか?

あなたは、何より包茎を「見た目の問題だけ」だと思っていませんか?

実際、包茎手術を受ける意味をよく考えて下さい。

 

包茎手術を受けない事であなたが不安を抱く人生観

包茎手術必要?

あなたの悩みは、以下のような悩みになっていませんか?

包茎は恥ずかしい

包茎のせいで彼女ができない

包茎のせいで温泉やゴルフ、社内旅行等に行きにくい

介護等下の世話の時恥ずかしい

こんな思いだけで、包茎手術を考えているのなら、まだまだ幸せな悩み

包茎手術を受けないままの人生に訪れる最悪のリスク

包茎とは、こうした「真のリスク」を背負う可能性がある。

・HIV(エイズ)になって、他人の目を気にする人生。

・陰茎ガンになり、最悪の場合にペニスを失う人生。

・彼女、妻を子宮頸がんにさせてしまうリスクを背負う人生。

私は、包茎の真のリスクは、ここであると強くあなたに知ってほしい。

・健康はお金では買えない

・体あっての楽しみや仕事

こんな日本語の響きは、長寿大国日本にはぴったりだと思います。

しかし、その健康を脅かす自体は、現代に数多く潜んでいるのです。

あなたは、これまでの人生で、エイズ検査を積極的に受けたことがありますか?

もちろん、Yesの方の方が少ないと思います。

では、あなたの対象の方(彼女や知り合った女性)がエイズを始め、性病で無い確固たる証拠はありますか?

このどちらの問にもNoとなるのならあなたはなぜ安心を持つのですか?

自分だけは大丈夫。

日本という安全な国だからこそ過ごす中で生まれる危機感の喪失。

そうした結果が、こんな事態を招いています。

包茎とは? リスク 病気 HIV

どうせこんなの大都市だけの問題でしょ?

まだあなたの気持ちがそんな甘さと現実逃避に固まった意識なら、このデータも合わせてご覧下さい。

包茎とは リスク HIV 地域別推移

いかがですか?

安全な考えが出来る地域はもう徐々に失われています。

・少子高齢化・30代以降の顕著な患者数上昇。

・海外への派遣や工場勤務などによる労働の多様化。

・国内在住の外国人の増加。

このデータから、WHOの正式認定の意味も伝わるかと思います。

現代の日本人にこそ、私は本当の健康維持のために包茎手術が必要である。

私は、こう考えているのです。

でも、失敗する包茎手術を選んで欲しくない。

だから、このページの更新を続けて、包茎手術を行う現場の真実をお伝えしたいのです。

このページを見たあなたにだけは、やってよかったと思える包茎手術を受けて欲しい

こんな思いでページを作っています。

 

用語説明まとめ

包茎手術前注意

1.包茎とは、皮が亀頭(先端部)にかぶっている状態

2.仮性包茎、かんとん包茎、真性包茎の3種類がある。

3.包茎は、見た目の悩みが多い

4.包茎手術は、エイズ予防法である事

5.4は、WHOが2007年3月28日に正式認定している

6.包茎手術は、健康維持のために行う治療である

7.エイズは他人事ではなくなっている

以上が、この包茎とは?で知ってほしい内容となります。

まだまだ細かな内容を知ってほしい事は多数あります。

徐々に用語を知ってもらうことで正確な包茎手術についての知識とクリニック選びを知ってください。

包茎手術関連用語をまとめたページも用意していますので、ぜひ総合的に包茎手術を見ていく視野を持っていきましょう。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ