包茎手術傷跡悩み盛り上がりを防ぐ手術後のケア方法|体験談

    

包茎手術後傷跡盛り上がりを防ぐ方法を体験談から紹介

このページをご覧いただきありがとうございます。

このページでは、包茎手術の手術後の心配要素である傷跡や盛り上がりについて解説しています。

主な内容は、

包茎手術の傷跡とは?

包茎手術後の傷跡盛り上がりの原因とは?

包茎手術後の傷跡盛り上がりを防ぐ注意点やケア方法とは?

等を解説していますので、包茎手術後のケアとしても前準備としても活用してください。

包茎手術後の傷跡とは?

包茎手術 傷跡

包茎手術の治療後に心配な悩みの一つとして代表的なのは、傷跡の心配。

傷跡を作る要因は、主にいくつかの要素に注意が必要になります。

包茎手術方法による傷跡の目立ちやすさ

包茎手術方法まとめでご紹介していますが、包茎手術の方法は、様々な方法があります。

方法の選択肢だけで、大きな差が生まれてしまうのは事実。

傷跡を心配するなら、まず決めなければいけないのは、手術の具体的方法であることをしっかり頭に入れてください。

包茎手術術後による傷跡の目立ちやすさ

クリニックにより大きく変わってしまう要素は、以下の点で注意してクリニック選びが重要。

・包帯の交換を自分で行わせるクリニック・抜糸する糸をしっかり使ってくれるか?この2つは十分に注意して確認しておくことが大切です。

こうした方法や経過を見ていく以外にも、自己ケアにおける大切なことをこれから解説していきます。

 

包茎手術後の傷跡盛り上がりの原因とは?

包茎手術

包茎手術後の傷跡の部分が盛り上がる原因を解説していきます。

傷跡盛り上がり原因1 溶ける糸を使ったリスク

包茎手術を受けてしまった方がもしこの「傷跡の盛り上がり」を心配しているなら、最初に確認すべきは、自分の治療に使った糸。

溶ける糸を使っている方には、このリスクも伴う治療であった

この解釈で間違ってはいません。

通院不要という言葉に気持ちを楽にした結果です。

その現実は、経過として落ち着くということではなく、受け入れるしかありません。

傷跡盛り上がり原因2 抜糸する糸を使った際の経過

溶ける糸ではなく、抜糸を必要とする糸を用いて、行った方における傷跡盛り上がりについて解説します。

この場合は、主に、包皮小帯(裏スジ)が盛り上がる傾向があります。

しかし、

このパターンの傷跡の盛り上がりは、一過性で、最後には落ち着きますので、安心してお待ちください。

この盛り上がりを防止するケア方法を具体的に次に解説していきます。

包茎手術後の傷跡盛り上がりを少しでも軽減する注意点やケア方法とは?

包茎手術後傷跡の盛り上がりを気にされる事が少なくなるようなケア方法や注意点を解説しています。

包茎手術後傷跡盛り上がりを防止する注意点とは?

まずは、注意点から解説していきます。

それは、2つ要因があります。

1.出血をしやすい条件になることを避けること。

傷跡を秀句仕様としている体に対して、血行をよくしすぎると腫れやむくみの原因になります。

ですから、

・お酒などのアルコール類の摂取・心臓をバクバクさせるまでの運動量が必要な行動こうした内容を控えておき、あまり体に負担をかけないことが大切。

2.包帯がゆるみやすくなる要因を減らす

包帯による圧迫をかけられて過ごす包茎手術手術後の状態。

この状態をしっかり維持していくことも大切な傷跡盛り上がり防止ケアの一つ。

・包帯を緩める・包帯が緩む原因となることを避ける(たくさん濡らす)等「傷口が腫れやすい条件を避ける」ことには気をつけることが非常に重要。

こうしたケアを心がけて更に、ケアすると尚効果のある方法を最後にご紹介していきます。

3.下着で上向きに固定することでむくみの要因を排除

手の指先の怪我をした際には、皆様ふとした行動でこんな仕草をしませんか?

包茎手術 傷跡 盛り上がり 防止法

ふとした思いつきで、手を下にせずに、上にしておくと落ち着く。

この原理は、間違っていません。

その原理を包茎手術にも活用していく事は可能。

つまり、

下着で密着させて上向きにしておく時間を長くする

このケア自体は、効果がある内容ですから、ぜひ実行してください。

落ち着くまでのあいだは、続けていただくことをオススメします。

あなたの包茎手術後のケアの安心に少しでも役立っていれば幸いです。

このほかにも、包茎手術前に役立つ用語集では様々な手術方法の説明や経過についてもご消化していますので是非参考にしてください。

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

“包茎手術傷跡悩み盛り上がりを防ぐ手術後のケア方法|体験談” への2件のフィードバック

  1. 匿名希望 より:

    こんばんは、はじめまして。
    今年の5月1日に性病「コンジローマ」で病院に行き手術しました。その際、包茎の私に先生が術式を教えてくれました。かぶってる皮の内側にできたブツブツを取るためには皮ごと切除して取り除くのが1番の方法だとおしえてくれました。要は包茎手術をしてブツブツ部分ごと取り除くとのことです。
    そして無事終わりました。麻酔の注射はホントにいたかったです。でもその後は緊張してましたが痛みはほぼありませんでした。所要時間は20分程度。
    その後今日固定包帯をとりました。
    そしたら、根元部分が結構腫れてるんです。
    親指を横にに並べて2.5本分くらいかな。
    不安になりました。
    これくらいの腫れは想定内なのでしょうか。。
    よろしければお返事ください。
    お待ちしております。

    • wpmaster より:

      匿名様

      できればその状態は放置せず早めに冷やすなり対応をしておくことをお勧めします。

      やけどの時のように保冷剤を何かで包みできるだけ長時間冷やし続けてすぐ経過を診せに行ったほうがいいです。

      血腫になっていると大変です。

      即クリニックに電話とメールをして指示をもらうようにしてください。

      お大事にしてください

コメントを残す

このページの先頭へ