包茎を治療したいとはずっと思っていた。

でも傷跡に包帯、手術の痛み、術後のケアや仕事などがずっと心配だった。

何より包茎手術は亀頭を含めて麻酔が痛いかどうかが最も心配だ。

包茎手術を気持ちの上では、包茎を治す方法として必要だと思う男性も増えている。

しかし、男性はやはり必要以上にクリニックなどに行くことを避けたいと思う人も多いのが現実。

性病や勃起の力が弱い、射精までの時間が気になる早漏などの悩みでもいつか自然治癒や回復するのではないか?と考えて気がついたら悪化していたなんて事もあるかもしれない。

結果的に、自分の包皮を切除して、環状溝の亀頭直下などに縫合をされる。

何とか自分の心の中でも包茎手術程度なら、痛いななんて心配している間に終わると思いたい気持ちの準備を使用とした人もいるかもしれない。

しかし、実際にやはり何か患者になる一歩に対して安心が出来ない時間を過ごす。

こうした時にいったいどうやって安心を手に入れるべきなのか?

実際に包茎手術等を行う男の美容外科や形成外科クリニックでは以下のようなメニューが並んでいる。

包茎手術(仮性、かんとん、真性)

傷跡修正

早漏治療

長茎術

ペニスの増大治療(陰茎、亀頭の増大)

勃起不全(ed)治療薬処方

シリコンボール

パイプカット

女性とのセックスを今の自分の状態ではとても楽しめる環境ではない。

しかし、当日シャワーだけの状態になって浴槽にしっかりつかる時間も持つことが出来ない条件。

この内容に、痛くなくても手術を受けるタイミングを考えている人もいる。

このサイトは、包茎手術について悩みを抱える全国の男性に多い相談の為の来院の前に抱く不安を現場にいたからこそ伝えられる内容でご紹介しています。

今回は、包茎手術は痛いのかという内容について、状態を含めてご紹介していきます。

包茎手術は痛い?状態の違い

ほうけい手術痛い

仮性、カントン、真性という3つの種類に分けて案内がされていることも多い包茎手術。

実際に包皮を切除する時全く痛くないという事はないと思う。

その中でも状態により痛く感じる理由が異なる事もある。

包茎手術痛い理由に注目

実際に手術を受けた事がある人のブログでも別にほとんど感覚が無かったとか全く痛くない。

こうした声があるのも事実。

しかし、一方では、痛くて途中で麻酔を追加してもら事になったという人もいる。

同じように包茎手術という対象をどこかの院でウケたはずなのに、なぜここまでしっかり差を感じられるような言葉に違いがあるのか?

この答えは、当日の処置の流れも当然大きな原因になっていく。

仮性包茎は、普段の生活でも自分で包皮を自由に剥いたり洗ったりできる。

カントン包茎は包皮絞扼倫の締め付けの度合いにより剥くことができる状態はかなり差がある。

真性包茎は全く剥くことが出来ない状態。

この3つが当日同じように注射で麻酔を受け、しっかり最後は縫合で終わる。

この消毒で、完全に皮膚が被ったままの状態の人ほど、包皮を剥く際の消毒が一番痛みを感じたという声がある。

痛いという表現にもいろいろなタイプがありますよね?

人は転んだ時には、ヒリヒリする痛みがあるという。

骨折などではジンジン響くような痛みという伝え方をする。

他にも、ズキズキとかズンと重い感じなど言葉の表現が出来る痛みの対象が異なります。

包茎手術で痛いという人は、ヒリヒリする痛み。

この言葉が真性やカントンの人にほど言われやすい場合がある。

得にカリを出したことが無い。

この様な人が包茎手術を希望する場合は出来るだけ麻酔の種類を豊富に段階的に提供してくれるクリニックの方が安心です。

 

包茎手術痛いを緩和するクリニック選び

包茎手術は痛い

手術を受けることになった時には、多くの人が事前に無料のカウンセリングや説明を受けて、完全に体をゆだねる状態になる。

費用も自分の希望の範囲で出来る限りのことを依頼。

あとはもうわからない事は任せるのが一番。

この様な覚悟を決め、簡単に終わるという言葉を信じたい人もいるはず。

ではこの状況になる前のクリニック選びをしていく中で痛みを感じる事へ配慮を感じるべきポイントをご紹介していきます。

包茎手術痛いを判断する違い

医療現場で目にしてきた光景の中で、出来るだけ患者の負担を軽減するために出来る事。

この答えの中で、麻酔の種類を可能な限り増やすという考え方を持つクリニックもある。

多い場合は、段階。

テープ型、塗布型、神経型、スプレー型、局所麻酔。

これだけの内容を一度の治療でしっかり陰茎の部分に入れていく流れを持つクリニックもある。

一方では、もう最初から直接注射で局所麻酔を行い、何回も針を抜き差しし長良麻酔を行うクリニックもある。

こうなると、差が出てくるのも当然とも思えてくる。

ですからまずは、包茎手術の症例や実績の写真の掲載の有無を比較するよりも、麻酔の種類に注目。

この点が事前に説明があるのかないのかは心の準備として可能な限り情報収集をしておくことをおすすめします。

私が麻酔の種類や段階的な内容で安心が出来たクリニックは、神奈川横浜と東京新宿に院がある男性専門のクリニックでした。

メンズサポートクリニック

メンズサポートクリニック

このクリニックの内容を見ながら、最初の麻酔の工夫を比較してみてください。