切らない包茎手術ナチュラルピーリング法とは?

    

切らない包茎手術ナチュラルピーリング法で治るのか?

このページをご覧いただきありがとうございます。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

2018年の横浜でのおすすめクリニックの探し方もご紹介しています。

包茎手術横浜比較注意点2018|現場経験者の声

50代男性が静岡県沼津市から横浜に訪れた理由

真性包茎手術沼津体験口コミ

横浜包茎手術|50代静岡県沼津真性包茎治療他県相談希望の理由

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島包茎手術クリニック比較

包茎手術鹿児島

鹿児島包茎手術クリニックおすすめと根拠|比較注意点

専門クリニックに行くのが高額請求が怖くていけない!

こんな体験をした方には、全国全員が適応する方法ではありませんが、実質無料で真性包茎手術を受ける方法もご紹介してます。

真性包茎とは?というコンテンツもご紹介してます。

まだ自分の包茎の種類が曖昧という方は、御覧ください。

横浜の包茎手術比較ポイントもご紹介しています。

包茎手術横浜比較ポイントと選び方注意点|現場経験者の声

包茎手術を大学生で検討している方向けの内容もご紹介しています。

大学生包茎手術おすすめ

包茎手術大学生おすすめクリニック関東,全国各地を業界経験者がご案内

切らない包茎手術を発見したあなたはこんな事を考えていませんか?

・切らない包茎手術なら高い手術代を払わなくて済む

・傷跡を心配せずに包茎を治せる

しかし、実際はどうでしょうか?

さて現場にいる人から見て、この切らない包茎手術はどんな結末なのかご紹介していきましょう。

切らない包茎手術ナチュラルピーリング法

切らない包茎手術ナチュラルピーリング法

切らない包茎手術って何?どうやって手術するの?

まずは、最初に手術の方法についてご紹介していきます。

具体的には、皆様美容外科で二重の治療って知っていますか?

糸で留める埋没法という治療があります。

いわゆる糸による癖をつける美容外科的手法。

その方法を包茎手術にもそのまま使ったのが、切らない包茎手術ナチュラルピーリング法。

じゃあ取れやすい人にはすぐ取れてしまうってこと?

こう考えたあなた、素晴らしい!完璧です。

その通り。

糸で留めるだけで包茎手術をせずに本当に包茎が治るなら、誰も切る治療なんてもうとっくにやめているはず。

わざわざ傷を付けて、縫い合わせなければいけないほど、ペニスの皮には、必然的に癖があるのです。

包皮は、伸びたいのです。

結果を考えて、包茎が治るか?と考えましょう。

そうすれば、おのずと答えは、No。

では、この傷跡って気にしないで出来るのか?についてご紹介していきましょう。

 

切らない包茎手術ナチュラルピーリング法傷跡

切らない包茎手術ナチュラルピーリング法傷跡

切らないなら、傷跡はつかないんでしょ?

こんな考えをもしあなたがしているのなら勘違い

なぜか?

糸を付けるという事は、その個所に針が入り、糸が通ります。

その分、傷は存在しますよね?

そして、そのまま置いておく事で、癖をつけるという事が目的ですから、伸び縮みのある陰茎部に、糸は徐々に負担をかけています。

すると、糸で留めたところに斑点のように傷跡が出来る可能性は十分にあるのです。

切る包茎手術をしていないのに、変な癖が中途半端についてしまっている場合は、さらにリスクがあります。

初めて受ける切る包茎手術が傷跡修正?

針と糸を使い、包茎の皮を一時的に変な癖に仕上げている可能性がある切らない包茎手術。

その場合、本来の切る包茎手術を再度受けなおすあなたにはさらに追い打ちがかかる事があります。

「傷跡による癖がありますので、この状態を包茎手術するなら、傷跡修正で費用を頂くことになります」

実際、ただ皮を切るだけに見える包茎手術ですが、癖が付いているとバランスを合わせるのは、非常に大変。

・左右の引き連れ感の違い・包皮小帯部(裏筋)部分の癖による切除ラインの変更・左右差前提となる縫合ライン

出来るなら、傷跡というのは、変な癖がない状態が好ましいのです。

しかし、糸で留める為、留まる癖でなく、左右差が付きやすいのも切らない包茎手術のリスク。

何のためにお金を出したのか結果的には意味のない支払だった!

現場にいて、こんな声は一人二人ではありませんでした。

矯正器具と変わらないような方も中にはいらっしゃいました。

切らない包茎手術、私はあなたが友達であるなら、絶対勧めません

お金を捨てるようなものです!

 

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ