包茎手術を受けておくべきかもしれない。

仮性、真性、カントンという種類を問わず、人生の時間が経過するについれて、徐々に治療を必要とする課題は増える。

  • 包皮が伸びてきた。
  • 悪臭やカスが出る時が増えた。
  • 性病などの病気になるのが心配になってきた。

包皮を切除した後の方がHIV感染の可能性が減ることは医療の分野では、WHOが正式に発表している状態になった。

あくまで、包皮を切除するかは選択肢として患者の希望により自由に選択ができるようになっているのが日本の医療。

しかし、自分の人生の中でそろそろ放置するのはやめたいとと思った人から順に治療を行っている状態。

でも包茎手術を行っている場所により、費用が異なることも現実。

保険が使えない治療だからこそ、できるだけ節約したいと考える人も多い。

そこで、泌尿器科や病院という選択をする人もいる。

では実際に専門のクリニックと泌尿器科では何が違うのか?

実際に利用現場を病院や個人診療所も含めて14年以上見てきた担当者がご紹介していきます。

ほうけい手術泌尿器科の特徴

ほうけい手術泌尿器科

泌尿器科という個人診療所で受診して診療を受けて、その後に治療を依頼したら、どうなるのか?

自分の近所でアクセス的にも行動の範囲内だということを軸に決めようか迷う時にチェックしてほしい内容は以下のような視点。

  • 費用は本当に専門クリニックと比較しても安いのか?
  • 手術日や時間の設定は患者のニーズにこたえる事はない。
  • 基本として使用する糸は抜糸をするタイプで、通院が必要。
  • 抜糸の時間も含めて、予約を行っても外来の予約の都合などにより大幅は時間のずれが生じる可能性もある。
  • 経過の診察などはすぐに受信ができる環境ではない。

これらは、あくまで、泌尿器科が案内しているのは、前立腺や排尿、腎臓、腎盂、尿路結石などの保険の範囲内の治療を行う医療機関であることが理由。

あくまで、ペニスについて、皮膚や泌尿器科部分に対しての以上を診察し、疾患を治療することが通常の仕事。

この状況に陰茎の包皮切除は、案内されていることはあっても、治療の相談があった際には、外来診察をした上で要する時間との問題から優先度はあくまで低い。

この点をしっかり何かあった時を含めて受診する前に見極めておくことが大切。

 

包茎手術泌尿器科と専門クリニックを比較

包茎手術泌尿器科

一方で包茎手術などの男性のペニスの治療を行う専門のクリニックの場合は、泌尿器科ではできない部分を行う事が優先されている。

勃起の問題に対してすぐに薬を処方するED治療などの併用。

術後の相談も24時間体制で電話やメールによるサポートをする体制

お風呂などの入浴や処置などの患者様が心配しやすくなるなる術後に対しても受診が出来る体制管理。

スタッフは女性を配置しないで男性専門での対応を用意。

同じように自費で費用を保険適用しないで対応する中で、大きく違いがある。

こうした視点で見ていくなら、正直泌尿器科で包茎手術を受けるメリットはよほど通院に事情があるなら考えることはあるかもしれないが、少ないともいえる。

初診が無料で説明を受ける価値

特に健康的には問題がなく、本来であれば、泌尿器科のような場所に行き、治療を行う必要がない人の方が包茎手術を受けるクリニックには多く来院している。

だからこそ、初診の診察やカウンセリングにかかる費用は無料のケースも多い。

プライバシーの問題

クリニック内には複数の個室が用意されていて、プライバシー厳守もされている。

出来るだけ、コンプレックスを感じている人を多くの患者様と触れない環境を作る。

これも来院した時のクリニックの工夫ともいえる。

当日手術が可能な体制

泌尿器科は、初診の受信日にすぐに当日手術を受けることはほぼ100%無理と言える。

それは、外来の優先度が高い状態であるから。

診療の優先度として、包皮切除を行う時間も関係する。

例え、真性包茎の患者様の状態でも別の日に改めて出直す必要がある。

こうした点から考えても、美容外科などの専門のクリニックは、土日祝も関係なく、当日にそのまま手術を受けることが出来る。

無料のカウンセリングなどを受けて、その後に手続きを済ませて決済を行ったら、すぐに治療可能。

あくまで、日程の管理が大変という人のニーズに応えた環境とも言えます。

幅広い包茎手術方法に対応

包茎手術には以下のような方法の違いがあります。

環状切開法

クランプ法

亀頭直下埋没法

根部切開法

包皮狭窄輪の影響により包皮口の狭いカントンや真性の包茎の状態から自分の手で自由に尿をする時などに剥くことが可能な仮性まで対応可能。

この時の自分の状態に対して要望などがある場合は、しっかり伝えることも可能になります。

方法も選択ができるというのは、あくまで必要性を含めて患者様の判断にゆだねられているから。

この点を知ると、切開してもらうなら、専門のクリニックの方がいろいろな自由があると思いませんか?