包茎手術傷跡修正費用は?全国おすすめクリニックは医師選び!

    

包茎手術傷跡修正の費用や修正可能な条件を解説していきます。

包茎手術の傷跡修正費用について、このページをご覧頂き有難う御座います。

このページでは、昔包茎手術を受けた方が残念ながら傷跡に悩まれた場合に修正手術を検討する事を目的に知っておいていただきたい情報をご案内しています。

包茎手術傷跡修正の費用相場とは?

包茎手術傷跡修正にできることとは?

包茎手術傷跡修正でも不可能なこととは?

などについてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

包茎手術傷跡修正の費用相場

包茎傷跡修正費用相場

最初にご紹介するのは、治したいとは思っても、費用が想像できない!

そんな方にまずは知っていただきたい費用相場。

包茎手術傷跡修正の相場は、20~30万円前後が相場。

え、そんなに高いの?

という声が数多く聞こえてきそうです。

ですが、実際、治せる傷跡もありますが、治せない傷跡もあるのです。

傷跡修正は決して、簡単ではないのです。

元の状態もあまり関係ありません。

補足ですが、

真性包茎とは?

かんとん包茎とは?

このような関連記事もご紹介してます。

前回に切ってしまった皮の長さを含めても、修正可能な範囲で治す。

この条件をまずは第一に次に、治せる事をご紹介していきましょう。

 

包茎手術傷跡修正にできること

包茎手術傷跡修正治療方法

包茎手術の傷跡修正を考えている方に、治せる内容をご紹介しています。

・何年前以上昔なら難しい等はありますか?

・どんな傷でも治せるんですか?

・盛り上がった傷を治す事はできますか?

こうした質問を頂きましたので、この内容をベースに回答していこうと思います。

何年前以上昔なら難しい等はありますか?

この質問の回答では、年数が新しい古いはあまり関係ありません。

包茎手術傷跡修正に大切なのは、1回目に行った包茎手術の方法

簡単に言えば、

環状切開法

クランプ法

保険適応の治療

根部切開法

こうした方法で行った場合は、非常に治し易い状態が多いのです。

その根拠は、

勃起時の長さに整えているような亀頭直下埋没法よりも皮が余って切っていることが多いから。

だから、年数の心配よりも1回目の方法を重視して確認してみてください。

どんな傷でも治せるんですか?

この質問が一番難しいんです。

回答としては、

・皮のあまりがまだある状態であるかどうか?・修正後、1回目の手術の傷が切り取れる位置にあるかどうか

・部分修正ではなく、全体を縫い合わせる方法で可能であるか?

こうした点を総合的に判断していく必要があるのが、包茎手術傷跡修正。

ですから、必ずどんな傷でも治るというのは、難しいケースもあります。

この「傷跡の修正は難しいという例」は最後にご紹介していきましょう。

盛り上がった傷を治す事はできますか?

盛り上がった傷を修正して欲しいという依頼は包茎手術傷跡修正以来の中でも非常に多いようです。

特に、形成外科の先生からは、全く関係ない相談だった人が、そんな話を持ちかけてきて困ったことがある。

なんて話を聞いたことも何度かあります。

実際、盛り上がった傷も皮膚のあまりによっては、十分満足できると思います。

では、最後に、包茎手術傷跡修正が不可能な事をご紹介していきましょう。

 

包茎手術傷跡修正でも不可能なこと

包茎手術傷跡修正で難しい事

包茎手術傷跡修正の難しいケースを2つに分けてご紹介していこうと思います。

1.勃起時に突っ張る状態の長さであまりがほとんどない状態の傷跡修正。

この場合は、皮膚が足りなくなるリスクを考えなければいけないため、傷跡修正手術ができないという回答がある場合が多いです。

革が足りなくなってもいいから手術して欲しい。

それは、さすがに一方的な願望であり、リスクは全く知らない状態で伝えるのは、やめましょう。

出来ない理由が明確である。

この場合は、複数のクリニックでも受けてくれない可能性があります。

ではもうひとつの例をご紹介していきましょう。

2.持病を持ったせいで傷が悪化したケース

包茎手術を受けた時は、問題なかった体が年をとって、糖尿病等の傷の治りが悪くなる傾向になる病気になった方。

この場合は、傷跡修正としてではなく、持病を原因として手術ができない場合があります。

持病を持っていても、薬を飲んだりしていて、健康管理をしている状態であれば問題ありません。

あくまでも、このケースは、持病の認識が薄く、自分で管理さえしていない状態。

この状態での手術はほとんどのクリニックが断る流れが多いと思いますので、健康管理には十分に気をつけましょう。

最後に、包茎手術傷跡修正におすすめのクリニックの選び方をご紹介していこうと思います。

全国で包茎手術傷跡修正を考えている方におすすめのクリニック選びのコツ

全国にある包茎手術を行う病院・クリニック。

しかし、そんな数ある中で、包茎手術傷跡修正を依頼する上で、選ぶクリニック選びのコツをご紹介しています。

包茎手術傷跡修正は何科の先生がいいのか?

包茎手術を行う先生は、泌尿器科、形成外科、美容外科などの先生が幅広く行っています。

しかし、傷跡修正というカテゴリになると、かなり限定されると思います。

その対象は、美容外科であり、さらに形成外科の先生がおすすめ。

さらに、痛みについて、痛かったという経験をお持ちであり、痛みが心配という方には、麻酔科も持っていると更に安心。

でも、そんな先生実際にいるのか?

あえて、この条件のすべてを持つ先生がいるクリニックだけ上げるなら東海地方(静岡)にある静岡中央クリニック

各地域の私が知っているクリニックを厳選してご紹介

東海地方 愛知県 栄セントラルクリニック

非常にネット上に名前を探しても高評価になっている患者様から評価の高いクリニックとしてオススメ。

関東地方 加藤鷹のヒルズタワークリニック

クリニックの宣伝はあまり個人的にも評価しにくいのですが、とにかく院長が一人で全国のクリニックを担当する徹底ぶりは「素晴らしい」と絶賛の声も多い評価の高いクリニックです。

中国地方 【広島中央クリニックで包茎治療】 メール相談・来院

中国地方で歴史あるクリニックといえば、中央クリニック広島院。

このクリニックの安定度はなんといても、メールでの相談が非常に丁寧で安心できる事。

行く前にまず相談してみたい!

そんな方には、ぜひ全国問わず、まずはここに相談するのも一つに方法だと思います。

    
    
静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ
包茎治療
   
静岡以外の地域のおすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ