亀頭を大きくするには?炎症の原因や治療法

    

亀頭とは?

このページをご覧頂きありがとうございます。

包茎手術をしたい方やペニスを大きくしたいと思う方へ関連する用語説明として、具体的内容を含めて掲載しています。

亀頭とはどこの名前?

亀頭を大きくするには?

亀頭包皮炎の症状や治療法とは?

等を細かく現場を知る声としてご紹介していますので参考にしてください。

亀頭とはどこのこと?

亀頭とは?

皆様にとって、包茎の悩みを持つのは、表現としては、「皮被り」だから。

その皮が被っている先端部の事を医療では、「亀頭」と言います。

包茎手術でよく見かける文字に

「亀頭を露出(だす)ための手術、治療」

と記載されているのは、「先端部を常に生活で出す」という意味です。

では、この亀頭にまつわる気になる悩みについても合わせてご紹介していきましょう。

 

亀頭を大きくするには?

治療方法

亀頭という名称がわかったら、次は、大きくする(増大)治療という言葉もあります。

この亀頭増大も少し誤解が出やすいので、ぜひ確認してください。

亀頭増大とは?

亀頭増大というのは、亀頭部全部を大きくする治療ではない方が一般的。

じゃあどこを大きくするの?

実際、大きくするのは、カリ首と言われる部分。

パーツ的には、竿の皮膚と一番近い高さが少しある部分。

亀頭増大 意味 注射

こうしたパーツによる場所を治療を治療するのが亀頭増大治療。

もっと詳しく知りたい方は、亀頭増大ページを用意しますので、参考にしてください。

では次は、亀頭の悩みにもなっている亀頭包皮炎の症状や治療法とは?についてご紹介していきましょう。

 

亀頭包皮炎の症状や治療法

腫れる 原因 包茎手術

亀頭の周辺も炎症を起こすことはあります。

亀頭包皮炎の具体的症状や治療法についてご紹介していきます。

亀頭包皮炎とは?

亀頭包皮炎とは、何かの雑菌等が入り、感染を起こすことが発症する症状。

具体的な感染内容等には、

・カビや真菌などによるカンジダ性亀頭包皮炎・かんとん包茎等の症状による亀頭包皮炎・包茎等の不潔な状態・洗いすぎ

こうした生活の中や包茎の状態からも、発症する可能性があるのがリスク。

では、具体的に症状はどんな状態があるのか見ていきましょう。

亀頭包皮炎の具体的症状

亀頭包皮炎には、炎症以外にも、症状があります。

・白い垢(アカ)が出る、白っぽくなる薄い皮膚・炎症をお越した状態になる、ひどいとただれてくる・赤い斑点やぶつぶつが出来る・軽い痛みやかゆみを伴う

こうした症状が出ていたなら、しっかり治療をしていきましょう。

では、具体的治療方法をご紹介していきましょう。

亀頭包皮炎に対する治療方法

亀頭包皮炎になった場合における泌尿器科などで出させる具体的治療薬などもご紹介していきましょう。

・リンデロンVG軟膏処方・ゲンタシン軟膏処方

亀頭包皮炎の場合は、こうした塗り薬を処方される事が多い。

でも、カンジダなどの場合は、なかなか治りません。

カンジダの場合は、水虫用の薬を使用します。

具体的には、薬局で購入できる薬もありますよ。

その薬が、ラミシールクリーム。別名ラミシール軟膏という商品。

この治療薬で治すことが可能ですから、繰り返す亀頭包皮炎の場合は、確認しながら、使用してみましょう。

何度も亀頭包皮炎を繰り返す原因

亀頭包皮炎に限らず、別ページにてご紹介している尖圭コンジローマも同じですが、包茎が原因となる事は大いにあります。

包茎のページを見て、自分の状態をまずは確認してみましょう。

その上で、亀頭包皮炎を繰り返しているのなら、あなたも包茎を治す価値アリ。

病気と付き合う体でなく、健康な体でいましょう。

あなたが真剣に包茎手術を検討しているなら、私はあなたを全力でサポートします。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

横浜のおすすめクリニック

静岡中央クリニック評判口コミ感想|仮性包茎手術大学生口コミ

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

専門クリニックに行くのが高額請求が怖くていけない!

こんな体験をした方には、全国全員が適応する方法ではありませんが、実質無料で真性包茎手術を受ける方法もご紹介してます。

真性包茎とは?というコンテンツもご紹介してます。

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ