包茎手術を根本で治す?根部切開法のリスクとは?

    

包茎手術根本で治す方法について、このページをご覧いただきありがとうございます。

包茎手術について、さまざまな角度から情報を配信しています。

サイト管理人皮切仙人と申します。

私は元医療業界でこうした包茎手術等を含めてさまざまな治療を目の当たりにしてきました。

そして、このサイトは、静岡,鹿児島,横浜等にいる私の知人を通じて知った地元のクリニックの情報も収集しながら、実際の現場の声として少しでも多くの方に包茎手術を失敗後悔しないための情報提供を目的に運営しています。

今回は、包茎手術の方法の中でも、根本で切開を行う方法について、以下の項目でご紹介しています。

包茎手術を根本で切るってどういうこと?

包茎手術は根本で切るクリニックは多いの?希少なの?

少しでも治す方法選びから誤解をしないために、御覧ください。

包茎手術を根本で切るってどういうこと?

包茎手術根本を切開

包茎手術を行うクリニックを選んでいく中で、包皮の切除方法にはいろいろな方法があることに気付く方もいらっしゃると思います。

しかし、治療方法に種類があっても、術後や傷跡、陰茎のどこで縫合跡があるのか?

仮性包茎の場合はどうなるのか?

嵌頓包茎で受ける時にも適応するのか?

このような細かな相談したい内容が出てくると思います。

そこで、業界内を知るからこそ伝えられる情報をご紹介していきます。

包茎手術を根部で行う「根部」とは?

そもそも根部というのは、どこの事を言うのか?

画像を使わず、あえて言葉だけで簡単にご紹介していきます。

根部とは、陰毛の生えてる付け根に近い部分となります。

この部分に切開の切り傷を作って、治療を行うことが根部切開という名称で呼ばれてる事もあります。

包茎手術を根部で行うメリット

包茎手術を受けたい人の多くが興味関心を寄せるのが、傷跡。

手術後にツートンカラーになっていたりということがない方法を選びたい気持ちが強い方も多いです。

そこで、陰毛に隠れるというメリットが出てきます。

縫う縫合のラインはある。

しかし、言われなければ分からない程度の陰毛に隠れた部分。

だったら、傷は目立たないともいえますよね?

包茎手術を根部で行うデメリット

包茎手術の中でも根部の切開を行う手術方法では対応に限界がある。

簡単に言えば、改善できる度合いが限られるということ。

剥けない人には、そもそも包皮輪狭窄を解除する事も必要になります。

剥ける度合いが少なくても、医師の判断により切る量も変ります。

早漏の改善に繋がるかといえば、また話は違います。

効果を実感する内容が亀頭直下埋没法とは大きく違うのです。

もう1つは、情報の少なさ。

この点を次の内容で補足していきます。

 

包茎手術は根本で切るクリニックは多いの?希少なの?

包茎手術根本の情報の少なさ

根本で行う包茎手術というのは、かなり提供している数が少ないのも調べていくとわかると思います。

さらに、もっと困ることもあります。

情報の一致内容の照らし合わせが不足?

包茎手術を行う方法で、多くのクリニックが提供している方法であれば、情報の不一致や違和感を見つけ出すことも出来る可能性があります。

しかし、根本で行う治療方法の場合は、この情報が少ない。

すると、現在の行う平均値や目安と言った内容がわかりにくいのも現実。

比較したくても、患者として受けた人の情報が少ない。

増大治療の中でも陰茎増大等をしたい時、出来るかどうかも不明。

女性との行為でどう支障があるのかも分からない。

東京の中でも、形成外科等のホームページで探しても情報が少ない。

受ける費用を考えてもやはり高い。

ランキング等も根部切開法では見たことがない。

このように、あげていくと、どんどん情報が少ないことが露呈していくのです。

どうして、根部切開をすすめているのかの理由もどう対応していいかわからない。

包茎を治すというのは、どう治すのかよりどう治るのか?がイメージできないと失敗後悔につながりやすいのです。

このように考えていくと、正直根部切開を強く推奨するのは難しいのではないでしょうか?

私は、包茎手術の方法を選ぶのであれば、亀頭直下埋没法がベターだと思っています。

選択の幅が広がっているように見える現代。

しかし、背面や裏スジなどを含めて、包茎手術の課題となりやすい部位は多いのも現実。

気軽に何度も受け直すような治療もない。

失敗したと思った結果には、自分で対処するしかないから大変。

こんな現実にならないためにもぜひ無難な方法を私はおすすめしておきたいと考えています。

包茎手術前に知っておくべき用語集まとめにて、この他の用語についてもご紹介しています。

幅広い用語を知って少しでも、失敗しない包茎手術方法やクリニックを見つけ出してみて下さい。

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ