包茎手術関連用語集真性包茎とは?

    

包茎手術前の専門用語集真性包茎とは?

このページをご覧頂きありがとうございます。

真性包茎の用語集をご覧のあなたは、こんな事を考えたことはありませんか?

真性包茎ってどんな状態なの?

なんで真性包茎なんてなってしまうの?

真性包茎って治さなくてもいいの?

真性包茎はいつ治すのがベスト?

真性包茎でいるとどんなリスクがあるの?

こうした疑問を1つ1つ明確に現場にいる私が生の声として、ご案内していこうと思います。

真性包茎ってどんな状態なの?

包茎とは

あなたは本当に真性包茎なのか?

クリニックや病院で確認される内容を含めてご紹介していきましょう。

・亀頭(先端部)を出したことはありますか?

・剥く事は難しいですか?

・通常の状態でも勃起時でも、亀頭は出てこないですか?

この答えが全てYesだった時、あなたは真性包茎の可能性がかなり高いと言えます。

では、真性包茎になる原理についてご紹介していきましょう。

なんで真性包茎になってしまうの?

包茎手術 歴史

真性包茎になる状態についてもう少し細く説明していきましょう。

成長期にかけても包皮口が開かないこと

男性は、赤ちゃんの時には、みな真性包茎の状態。

しかし、

成長期に身長が伸びるのと同じように、陰茎(さおの部分)と亀頭も成長していきましょう。

その影響で、徐々に包皮口が開いていくのが通常の成長過程。

しかし、

その成長期にも包皮口が開かずに、ずっとそのままになってしまう状態が真性包茎の特徴。

もう一つ成人になってから、徐々に真性包茎になってしまうパターンがあります。

生活習慣病に伴う真性包茎化

真性包茎になってしまうのは、何もこの成長期の成長だけが原因ではありません。

かんとん包茎でも掲載していますが、真性包茎化という状態もあります。

・糖尿病

・高血圧

・心臓病

等、血液の循環が悪くなることにより、傷の治りが悪くなるのがひとつの原因。

この場合も、状態は、真性包茎ですが、傷の治りなどを含めて、手術を慎重に行わなければいけないため、生活の不便が抜けない日々が続くリスクがあります。

では、こうしたリスクがなければ真性包茎は治さなくてもいいのか?についてご紹介していきましょう。

真性包茎って治さなくてもいいの?

包茎手術の必要性

真性包茎だからといって、尿は出る。

生活するのには、支障がない

じゃあ治さなくてもいいのか?

この考え方をされている方は、包茎ページに掲載している人生の一幕をご覧下さい。

・あなたもいずれ他人の世話になること

この避けられない人生の一幕にあなたは今の自分で大丈夫ですか?

あなたが何を心配して生きていくのか?

・健康?

・見た目?

この2つにあなたはどう考えるのか?

これが大きな人生の分かれ道なんだと私は思います。

じゃあ真性包茎は、いつ治せばいいのか?

についてご紹介していきましょう。

真性包茎はいつ治すのがベスト?

大学生 包茎 悩み

あなたが真性包茎である自分を認めている状態であれば、私は、「今すぐ」と伝えたいと思います。

学生であれば、親に相談すべきだと思います。

学生も?根拠は?

学生の場合は特に、先々に起こるのは、あなただけの問題ではなくなる可能性があるから

男子の包茎は、子宮頸がんの原因にもなる因子がある

これが答え。

あなたとの行為を繰り返す相手の女性の健康すらあなたは壊してしまう可能性がゼロではないのです。

あなたは、その状況に陥ったとき、どう責任を取れますか?

実際、患者様において、真性包茎の手術にお越しになった方には実際のその状況の方もいます。

私が体験した真性包茎の最悪のシナリオ

その方が、その事実を知ったのは、奥様が子宮頸がんになった事で発覚。

この時、奥様の家族にガンの方がいないことから、旦那様も検査協力を求められたそうです。(原因確認を含めて)。

そして、最悪の事実が発覚しました。

「だんなさんの数字はちょっと見過ごせる数字ではないと思います。あなたが原因と考えても全く間違いと言えないと思います。」

このような表現で言われたそうです。

でも、実際、奥様はがん治療。

この時、慌てて旦那様が私の所にお越しになりました。

しかし、私は、この事態に対し、

「ここで今お金を使うくらいなら、少しでも奥様の闘病生活のためにお金を使われた方がいいのでは?」

「奥様が治ったら、改めてあなたの今後を含めて手術をすればいいんじゃないですか?」

このあと、奥様からも電話があり、「ありがとうございます。主人がお世話になれるよう私が頑張ります」

こんないい奥様はなかなかいないだろうなぁ

と思いながら、この患者様は結果、まだ手術ができないでいます。

あなたがその場にいる可能性も十分あるのです。

こんなリスクあなたは人生に背負って生きていくのですか?

私なら嫌です。

逃げられないなら、結婚もしない

そんな子供みたいな発想ではなく、立ち向かい、ドラマよりも短い時間で乗り越える包茎手術を受けることのほうがよっぽど人生に大切だと思いませんか?

真性包茎でいるとどんなリスクがあるの?

包茎 恥ずかしい

最後に、真性包茎でいることへのリスクについてご紹介していきましょう。

真性包茎でいつづけた方が迎えた最悪のシナリオを私の体験談からご紹介していきましょう。

その方は、60代でした。

もう少しで会社を引退。

今後は家族で楽しく温泉が好きだから、たくさん旅行に行きたい。

そんな明確な楽しみのために、真性包茎手術の相談にお越しになりました。

しかし、

実際、包茎手術前の診察をしている段階で、担当医が慌てて、

「精密検査依頼出して。急ぎでたのみたい」

何事かと思い、結果を待つと、陰茎ガンでした。

もう進行も進んでいたせいで、ペニスを失う事の必要性が出るほどの状態。

自分ではなんともないと思っていたこれまでの人生が、一変。

真性包茎でいた事もあって、発見もかなり遅れたそうです。

部分切除で済まないほど、裏筋から竿に広がっていたため、本人は裏を見ることなんてないので全く気付かず。

こんなシナリオは、私は15年以上医療現場にいて、この方だけでした。

しかし、

誰でも起こり得る真性包茎の方のリスクなんだよ。

この方の顔は多分私は一生忘れられないと思います。

あなたは、健康で、見た目に悩まない日々を選びますか?

それとも、

リスクを承知で、相手も巻き込んで、自分も最悪のシナリオを迎える人生の可能性を無視して生きますか?

あなたにとっての真性包茎の包茎手術におけるリスク金額を考えて、よく考えてみて下さい。

あなたがもしこの先包茎手術を真剣に考えているなら、私があなたを全力でサポートします。

私がお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

横浜のおすすめクリニック

静岡のおすすめクリニック

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

    
    

静岡県内院長常勤の包茎手術クリニックをお探しの方へ

包茎治療
    

静岡以外の地域のおすすめクリニック

    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

サブコンテンツ

Google+ページ

このページの先頭へ