フォアダイス除去痛みはいつまで続く?現場の実態

    

ペニスの亀頭や陰茎に出来たフォアダイスを治したい。

治療尾したいと思っても除去って何か痛みがありそうで怖い。

男性が包茎,早漏,短小,増大,ed(勃起不全)等に悩みを持ち抱えてる時代。

こういう治療を行うクリニックは、美容外科、形成外科が一般的。

今では、agaや他院の修正手術、性病の検査等を料金は全額自己負担の条件で相談する人もいる。

専門のクリニックで診察や無料カウンセリングを受けて、少しでも悩みが解消できるならと検討する人も多い。

見た目のコンプレックス。

この言葉の対象に対して、印象に大きく影響する可能性の1つに、亀頭のブツブツがある。

フォアダイスとクリニックに書かれた状況に、つ治療希望者の大半が真珠様陰茎小丘湿疹である事が多い。

除去治療をする時の痛み。

治療後の日常生活での痛み。

仕事やバイト、部活等がある男性の悩みは多い。

このサイトは、男性の悩みである包茎手術を軸に、男の美容整形(美容外科、形成外科クリニック)の治療について、誤解が多い内容やよくいただいた相談の悩みをご紹介しています。

実際に現場で治療を受けた人の声を数多く効いた来ました。

しかし、相談された内容にどうしても個人ではなく、組織としての相談対応をしてきた現場時代。

今度はその状況を離れたからこそ伝えらえる亀頭のぶつぶつを治す上で個人差なんて言葉に隠れてしまう術後の相談をご紹介していきます。

フォアダイス除去の痛み|治療中

フォアダイス除去痛み

泌尿器科や一般の病院ではいくら患者ととして診察や診療、施術を希望しても答えが無いフォアダイス除去。

実際に、学生(高校生、大学生)からの器量希望の声も非常に多かった。

そして、尖圭コンジローマのように感染した性病等の病気でもない現実。

しかし、やはり今後の人生における性の関係を希望する時、やはり相手の体の一部に見たことが無いできものやイボ、ぶつぶつがあれば不安になるのも当然。

患部がペニスだからこそ、何も症状がない状態に戻りたいという人の声も多い。

そのために頑張る除去治療。

その実態から痛みについてご紹介していきます。

フォアダイス除去治療の痛み

患部の除去を行っている時に居たがる人は、正直かなり少なかった。

当然、局所麻酔を行う事で、緩和された状態から治療を行う。

これは、あくまで男性専門のクリニックでも女性の美容的な治療を行うクリニックでも同じ。

早漏治療、長茎、パイプカット(避妊手術)、シリコンボール、コンジローマの再発。

どんな治療でも麻酔は必ず行うと言われるのが一般的。

しかし、やはり亀頭周辺や陰茎の一部に出来たブツブツの除去なので、どうしてもある程度麻酔そのものについては痛みを感じる人はいる。

この点は、各クリニックの麻酔の方法などにより大きく異なる点ともいえる。

除去治療方法で異なる事ではない。

フォアダイス除去治療後の痛み

治療中以外でもやはり心配がある人も多いはず。

当然、カウンセリングの時に案内はされると思いたい。

カリ首周辺に出来たブツブツを除去した後の治り方は当然個人により差が出る。

以下のような治り方に伴う痛みの相談が多かった。

  • 2,3日ガーゼを巻いた後にガーゼを取る時の痛み。
  • 下着と傷口が擦れた時の痛み。
  • かさぶたが出来る時間があって、その部分が剥がれる時の痛み。

このような除去治療時間での痛みよりも、どちらかと言えば、術後の痛みの方が問合せが多かった。

来院した時、治療の前のカウンセリングでは、当然治り方のかさぶたになる可能性なども伝えてくれていると信じたい。

しかし、電話やメールでも皮膚の治り方などの内容の事をいくら聞いてもさすがにその答えは、個人差があるという事しか言えないのも現実。

フォアダイス除去治療後のセックス

あくまで、セックスの予定をもう早めに決めておきたい。

こうした方は実際の自分の治りの問題を意識して慎重に対応することが大切。

実際に、あまり早い段階でコンドームさえあれば、皮膚は守られていると思って行為を行う事はあまりお勧めしにくい。

やはり裏のスジ(小帯部)周辺を含めての問題になっている人も多い。

よって、出来るだけ、全体の除去を行った際には、全てのかさぶたも取れて赤みが取れて、自然な皮膚の色に戻った。

この様な状態になるまでは、しっかりもらった薬だけを利用し、ケアを行う事が大切です。

フォアダイス除去治療後の痛みと仕事

仕事に影響はあるのか?

このような悩みを痛みだからこそ不安になる人も多かった。

しかし、この点はそこまで心配をしなくても良いケースの方が多い。

フォアダイスを除去する治療をしたから仕事を休まなければいけなかった。

このような痛みや経過の人は10年以上在籍していても見たことが無い。

もちろん、治療を受けた事が無い人からしたら、亀頭が電気などの機材を使っての治療を受ければ、心配もあると思う。

しかし、この点は、特にそこまで大きくトラブルを心配する必要は無いと私は現場で見てきた内容から感じた。

 

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ