包茎手術の痛みは子供で大丈夫?学生はいつ治療すべきか?

このページをご覧頂き有難う御座います。

包茎手術を真剣に受けようと考えている方に、知っておいて頂きたい予備知識としてこのページを作っています。

このページでは、

包茎手術の痛みは子供でも?について

包茎手術の痛みは子供や学生でも大丈夫?

包茎手術が痛くないクリニック選びのコツ

こうした内容をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

包茎手術の痛みと子供の反応

包茎手術手術痛み子供

包茎手術は痛いのか?

この不安や悩みは非常に大きいと思います。

この包茎手術だけでなく、様々な治療に言えることとして、麻酔の痛み

これが手術の痛みという言葉に変わっています。

よって、

包茎手術を受けている(実際に切ったり縫ったりしている)時は、ほとんど痛みもないのが通常。

ですから、

痛いという感覚については、まず麻酔の痛みを気にしていきましょう。

では、こうした心配を抱えた親御様だったら、

「子供が何歳くらいで包茎手術を受けるのがいいのか?」

心配になるこの内容をご紹介していきましょう。

 

包茎手術の痛みと子供の年齢

大学生 包茎 悩み

包茎手術を受ける適齢期という考え方について、私が現場で教わったことをご紹介しています。

あまり小さなお子様の場合は、包皮口を少し開けられるくらいにする治療を実施している病院などもあります。

通常、子供という言葉を使うにしても、包茎手術を受けることについては、成長期が適切だとお考え下さい。

その根拠は?

亀頭を含めて、成長期にペニスは、長く太く大きくなろうとしています。

その段階で、包茎手術をする事で、

・亀頭の擦れる感覚・露出をさせることへの違和感の緩和

・成長期だからこそいずれの皮の足りないを防ぐ長さの調整

こうしたことを含めて、成長しやすい状態を作ることが可能になります。

成長期の世代であれば、包茎手術の麻酔の痛みは、泣き叫ぶほどの痛みを伴うような大きな手術ではありません。

子供に伝えやすい包茎手術麻酔の痛みのイメージ

最近は、麻酔の技術も進み、ほとんど痛くない治療を受けられる医療機関も少しずつ出ています。

しかし、

従来通りの麻酔を行っているクリニックや病院の方が圧倒的に多いのが現実。

そんな中、イメージをお伝えするなら、「歯医者の麻酔」というのが一番イメージしやすいと思います。

「うちの子は歯の治療を受けたことがないんですが・・・」

こんな優秀な子育てをされてらっしゃる親御様には申し訳ありません。

他の近いイメージの言葉が見つかりません。

親御様の歯医者のイメージと重ねながら、ご説明していただけますと幸いです。

でも、

そこまで痛みを心配してもらわなければできない治療ではない。

このことだけは、あまり心配を過度にせず、お考え下さい。

では、最後に、クリニック選びの中で、出来るだけ痛みが少ない工夫をしているかどうかを判断する要素をご紹介していきます。

 

包茎手術が痛くないクリニック選びのコツ

包茎手術 クリニック選び方 コツ

包茎手術を受けるということそのものは人生何度も経験することは少ない。

でも男性器に注射をするということを想像できるかと言えば、多くの人は難しい。

そこで痛みが少ないと期待させてくれるクリニックの選び方をご紹介していきます。

包茎手術が痛くない為の工夫に注目

治療中の痛みよりもやはり包茎を治す時は、麻酔が痛いかどうかが大切。

そこで、比較するべきは麻酔の方法です。

  • スプレー麻酔や塗る麻酔などを用意しているか?
  • 神経麻酔のみの対応のクリニックは痛みに個人差が出やすい。
  • 麻酔だけでなく、抜糸の費用を取るクリニックを医師たちが包茎手術を選ぶ時には疑問を持つ。

このような麻酔の情報を含めて、総合的な費用の中身を見て、関東で近年選ばれている注目のクリニックがある。

それが、メンズサポートクリニック

実際に私が包茎手術を体験したクリニックも紹介していますので、よかったら比較の意味でも是非チェックしてみて下さい。

私が厳選するお勧めするクリニックも徐々に増やしていく予定です。

2018年の横浜でのおすすめクリニックの探し方もご紹介しています。

包茎手術横浜比較注意点2018|現場経験者の声

大阪梅田のおすすめクリニック

広島のおすすめクリニック

鹿児島のおすすめクリニック

中学生、高校生、大学生などの学生が包茎手術を相談するならどこのクリニック?

大学生世代を例にして、ご紹介しています。

大学生包茎手術おすすめ

包茎手術大学生おすすめクリニック関東,全国各地を業界経験者が解説