性病横浜保険適用はどこ?男性によくある不安と解決策

    

性病検査が必要かもしれない。

症状がここ数日違和感や気持ち悪い感じもある。

hiv感染、エイズや淋病、梅毒、クラミジア等性感染症を心配する男性も多い。

月火水木金という平日の午前午後の診療時間内にはさすがに仕事が合っていけない。

土曜日曜にしか診察や相談に行く時間がない。

仕事をしている方の中でもシフト制の勤務表を見ながらいつならいけるのかを悩む人も増えている。

インターネット検索をしても、なかなかな土曜日曜に保険証を持参して診察を受けられるクリニックはない。

こうした中で、来院する院が無いと思うと自然に治るのを待つという形を考えてしまう人も決して少なくない。

このサイトは、包茎手術を検討している方に多い悩みやよくある相談内容について、現場を知るからこそ伝えられる視点でご紹介しています。

今回の内容は、性病横浜で保険を使えるクリニックの探し方について多い悩み。

性感染症の症状らしい内容を今の自分が実感している時、少しでも内容等を医師の診察、検査等を的確に受ける為に知っておくべき情報をご紹介していきます。

性病横浜保険を使うための注意点

性病横浜保険

最近は、医療機関でも、徐々に受診に対して予約制を導入するクリニックや医院が増えてきました。

そして、インターネット上の予約サイトに登録を行い、予約を受け付けるというしくみをトップページで案内するクリニックもあります。

こうした中で、やはり土曜日曜以外は全く通院が不可能。

このような人たちには注意しておくべきポイントがあります。

性病横浜保険適用と開院日

実際に、インターネット検索をしていただくと、以下のような診療科が性病に対しても保険を使える対象として存在しています。

泌尿器科

性病科

あくまで保険は国が健康維持のために治療を必要と認めた範囲内の治療を行うという流れ。

性病(std)の内容の中でも当然治療に保険証が適用する内容も数多くあります。

しかし、土日の午前午後に対応をしているという案内をしているクリニックは、決してその限りではありません。

この場合は、クリニックのトップページで、以下のような診療科も掲載されている事が多い。

美容外科

形成外科

泌尿器科

この様な名前が複数紹介されている事があります。

こうしたクリニックは、あくまで保険証が適用しないクリニックとなります。

性病横浜保険適用外と治療費

土日祝にしか検査や治療を受けられない。

こうした方が自分の休みを利用してでも、何とか時間を使って受付をしてほしいと願う。

こうした場合の、性感染症の症状に対する来院には、各院により料金の違いがあります。

例えば以下のような内容。

  • 血液検査は、各項目ごと加算の必要がある費用案内。
  • 投薬治療は検査代と別途費用の案内。
  • 薬の処方が必要な場合もそのクリニックの対応可能な内容にのみ対応となる場合。

この様に事前の確認を必要とするケースもあります。

まずは自分が来院を出来る日程を確認しながら、保険診療を探すなら、以下の内容をチェックしましょう。

診療科は、泌尿器科や性病科に限定して探してみる。

病院は紹介状が無い場合は、難しいケースが多い。

土曜の午前までの受付を行っている事。

横浜市周辺のクリニックでも土日祝対応は、保険適用外。

では続いて、今後の自分の健康を考えていくなら、やはり性病の予防をしておくべきなのか?

こんな考え方を持つ場合に、よく案内がある内容をご紹介していきます。

 

性病横浜保険適用でも案内がある予防策

性病横濱保険予防

性病を横浜で予防する方法。

患者として横浜市で性病の診察を受け、今後の予防を相談する。

こんな時、性病の種類によっては、std予防策という考え方を紹介されるケースもある。

性病横浜保険適用外の予防策

性病の中でも難治性と診断されることが多い尖圭コンジローマ。

症状として、ヒトパピローマウイルスにより発症し、良性ですが、なかなか治らないということもあります。

こうした時、提案されるのが、包茎手術。

包茎手術により、ペニスに出来た尖圭コンジローマ繁殖域である包皮を切除するという考え方。

場合によっては、包茎手術を先に受けた方が良いという提案をされるケースもある。

しかし、こうした場合でも、泌尿器科や性病科では直接手術を行う事は難しい事も多い。

こうした先に、あくまで保険証の効果が無い、使えない対象の治療が男性の美容外科、形成外科などで行なわれているのです。

春には卒業や新卒、引退などの歓迎会。

夏には、飲み会の延長で男の夜遊び。

年末年始にも忘年会や接待の増加による夜遊び。

このように、男性が1年の内で、性の感染症を受けやすい時期は複数回ある。

こうした誘いがあった時にも安心して遊べる自分の体を作る。

これが、健康をいつも意識が出来る状態になるということではないでしょうか?

コンドームを使うのが煩わしい。

遊ぶ時くらい、しっかり遊びたい。

こう考える方は、少しでも自分が感染症を受け付けない為の対応策として包茎手術を考えておくことも大切な時代なのかもしれない。

実際に横浜での包茎手術については、包茎手術横浜で比較するべきポイントと選び方注意点|現場経験者の声にてご紹介しています。

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ