短小手術神奈川クリニック選びを現場経験者が解説

    

包茎手術。

亀頭増大。

早漏治療。

長茎術。

シリコンボール。

パイプカット。

ed(勃起不全)

女性とのセックスの時の男性の悩みは多い。

中でも短小の悩みは、やはりサイズのコンプレックスであることから、自信の喪失によりedになってしまったという人も相談が多い。

なぜ治療が必要なのかの原因は人により異なる。

温泉、入院、介護などの見た目のコンプレックスである。

女性とのセックスのパワーアップ。

子供に恥ずかしくないペニスになりたい。

そして、患者として相談をしたいと思ってもやはり紹介されている費用や方法だけでなく、男性には痛みという不安も多い。

切る切らないを考える。

治療を受けた後の治る可能性も心配。

コンプレックス解消のためとはいえ、修正の手術を必要とすることは受けたくない。

こんな不安を持つことも治療を受けた事が無い事については当然の悩みだと思います。

私のサイトは、男性の悩みである包茎手術を軸に、男の美容整形(美容外科、形成外科クリニック)の治療について、誤解が多い内容やよくいただいた相談の悩みをご紹介しています。

今回は、神奈川で短小手術を検討する男性のクリニック選びについてご紹介してきます。

悩みが多い中でも冷静に判断していく事が大切。

自分には今何が必要で、何を心配しておくべきなのか?

こんな意識を持ちながら、じっくりご覧ください。

短小手術神奈川の治療候補

短小手術神奈川

自分のペニスの短小が気になる。

でも実際に内容が多い。

仮性、カントン、真性などの包茎手術を含めて実際何を選べばよいのかよくわからない。

東京や神奈川等さまざまなクリニックの内容を比較した時に、どんな方法を選ぶ事が効果を期待できるのか?

こうした部分を理由や違いを含めて説明していきます。

短小手術神奈川男の選択肢1.包茎

まずは短小で悩む男性がチェックしてほしいのは、包茎手術。

包茎とは、勃起時の包皮がダボダボしていて、通常の生活をしている時や縮んだ時には皮が被る人。

皮が被る時の状態により、以下の様に分類されている。

ただ皮が余っているだけの状態は、仮性。

勃起した時には、ペニスの陰茎(竿)の部分が締め付けられる感覚になるのは、カントン。

通常時も勃起時も問わず、包皮を剥くことが出来ない状態は真性。

実際に自分の経験を思い出しながら、以上の違いを比較してみてください。

こうした内容は、やはり性病や感染症の内容によっては、予防の意味でも保険が適用する泌尿器科などで説明を受けるケースもあります。

性病横浜保険適用はどこ?男性によくある不安と解決策

包皮の状態を解消する事を最初に考える理由は?

この答えは、皮のあまりが多いという状態はクリニックでも説明を受ける時、行った方が良いと言われるケースもあるから。

見た目。

この言葉を考える希望を持つ方も多く、やはり最初に皮の長さを短くするこが見た目だけでなく、多くの術後の悩み解消につながる可能性がある。

短小手術神奈川男の選択肢2.亀頭

亀頭とは、ペニスの先端の尿が出る部分からくびれがある部分。

このパーツの内カリと呼ばれる傘のように開く部分を大きくするという治療がある。

治療名では、亀頭増大や亀頭強化などと表現されている事が多い。

この治療は、包茎手術などを受ける方が同時に希望するケースも少なくない。

単純に、被ってしまいやすい皮を少しでも被りにくい状態にしたい。

包茎手術を受けてもやはり縮んだ時のことを考えると自然に剥け続ける状態になる人もいれば、埋もれてしまって、竿がお腹に入ってしまう人もいる。

こうした状況になれば、当然、流れとして、皮が押し出されてしまう。

こういう時に、完全に被ってしまうような状態ではまた気持ち悪い感じになってしまう。

よって、亀頭増大を利用する人は、できるだけそのまま皮が剥けた状態を維持したい。

こう思っている場合に、包茎の皮を切る次の選択として同時に治療するという考え方を持っている事もある。

短小手術神奈川男の選択肢3.長茎術

長茎。

この治療は、包茎の皮を切る手術を行った術後の状態でも今まさに昔より太ったという悩みを持つ人が選ぶ事も多い。

最近は、街中にも少ないながらも温泉があるという情報をテレビで紹介している事もある。

こうした環境の中では、同性同士とはいえ、他人の目を気にすることも多くなる。

この他、スキー、スノボーや温泉などの冬の旅行。

夏の海やプールでの着替え。

この様な時にも、あくまで長さが見た目の不安の原因となっている様な人は、埋没したペニスを引き出す事により長くする。

こうした治療を同時に受けていただくことが可能なクリニックは多い。

傷跡も比較的目立ちにくい場所に施術されることも多いので、こうした部分はクリニックに行った時、症例写真等を見せてもらうと気持ちも楽になるはず。

 

短小手術神奈川のクリニック選び

実際、このような治療を横浜駅周辺で対応をお願いしたいと悩んでる人に少しでも選び方を知って頂きたいと思います。

自分がまさかこんな状態になるとは?

傷跡がこんなになってしまったのでは、修正が必要だ!

こんな気持ちになってしまうのを避ける為には、これからご紹介する内容を完全に全て比較した先で選んでいただけたらと思います。

短小手術神奈川クリニック比較1.女性

短小手術の治療を相談するクリニックを横浜、川崎等で比較する場合、最も最初に確認するべきは、女性の患者も受付もいない場所を選ぶ事。

なぜ?

別に費用面が高いか安いかということではない。

むしろ、気持ち的な面が非常に大切になる。

当然、アフターケア等を含めて女性が多いクリニックでは、自分が自信がないとか恥ずかしいと思う事が原因で利用する。

こうした時に女性の目に入っている状態で男が治療を受ける。

この環境はいくら美容を目的に利用をしているとしても、決して気持ちが良い事ではない。

薬一つの説明も全て看護師が女性なら?

連絡や流れが頭に入らない男性がいても何も不思議ではない。

アフターケアの連絡も同様だ。

数多くの患者が入っているなら、当然担当の男性が必ず担当してくれるとは限らない。

こうなれば、女性がまた自然の流れの中で説明を求める可能性もある。

こうした一時的な恥ずかしい思いをするだけでなく、しっかり最後まで落ち着くまでの時間を自然に相談が出来る環境を選ぶ。

これが最も大切だと私は思います。

短小手術神奈川クリニック比較2.詳細情報

クリニックを比較する時、近くか遠くかということではない。

まずは意識を持って比較してほしい事は、麻酔の説明に注意してほしい。

20歳、30歳と年齢を重ねるたびに、もう徐々に昔受けた麻酔の記憶も忘れていく。

結果的に、治療を受ける時には緊張もあり、痛みも感じやすい意識を持っている人が多い。

やはりこうした環境に、一部のクリニックでは、麻酔に対してかなり神経を配っている事がうかがえる。

それが、段階的な麻酔。

ただ注射を行うだけではない。

テープ麻酔、スプレー麻酔など注射以外にも工夫をしてくれたら、かなり違う痛み軽減の方法もある。

しかし、麻酔はこちらが注意してお願いしなければ何もしてくれないクリニックもある。

よって、しっかり包茎手術の詳細情報を調べた時に段階的な麻酔の工夫をしている事を明確に伝えているクリニック。

この基準も、やはり非常に大切だと私は伝えたいのです。

 

 

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ