コンジローマ男性横浜病院選び方を現場経験者が解説

    

男がコンジローマになったら自然治癒しないの?

神奈川県横浜市で病院を探したい。

横浜で性病科、泌尿器科、皮膚科?どこを探せば専門医などがいるのだろう?

男性器の性感染症の1つである尖圭コンジローマ。

私が現場にいた際にも一緒に働いていた現場の中で、最もなりたくない病気として感じていました。

その理由は、症状の発症について潜伏期間が最長20ヶ月という気の遠くなるような時間を観察しなければいけない事。

更に、性感染症である以上、パートナーの助成への感染の可能性も十分留意しなければいけない事。

こうした点があり、医療機関の中でもやはり早期治療をした方が良い対象の1つ。

私のサイトは、男性の悩みである包茎手術を軸に、男の美容整形(美容外科、形成外科クリニック)の治療について、誤解が多い内容やよくいただいた相談の悩みをご紹介しています。

これまでにも神奈川県エリアについては、以下のような内容もご紹介してきました。

短小手術神奈川クリニック選びを現場経験者が解説

性病横浜保険適用はどこ?男性によくある不安と解決策

かんとんほうけい手術費用相場の見極め方|現場経験者の声

横浜中央クリニックは泌尿器科?見極め方注意点

最近は、横浜市内の医療機関の情報も内容もサービスが増えてきました。

しかし、数が多いということは、反対に患者がサイトを調べる時、注意しなければいけない事をも増えてきた。

今回の記事では、男性のコンジローマ病院を横浜で探す時の注意点をご紹介しています。

診療科の選び方

利用前に関連の情報としてチェックしておくべきポイント。

こうした内容を現場を知るからこそ伝えられる視点でご案内させていただきます。

コンジローマ病院横浜のサイト利用注意点

コンジローマ病院横浜
神奈川県に限らず、医療機関のクリニックや医院、病院などの情報をまとめて配信するサービスは近年急増している。

しかし、一方で、感染症関連や専門外来等という言葉も出てくる。

結果として、患者側は、医療をどう区別するべきかもわからない為、多くの人が自分の必要な情報はどれなのか?

この答えが分からないまま困惑しているケースも増えている。

コンジローマ病院横浜保険適用の探し方

まずは医療機関というのは、情報を見ていく中で以下のような内容を区分けすることが必要。

診療科:皮膚科、泌尿器科、産婦人科、婦人科、消化器科、小児科、整形外科、歯科、肛門科、呼吸器科、循環器科、眼科精神科、産科等内容別の区分け。

サービスの特徴

診察、診療時間

月火水木金土日の内、日曜休診は前提。

土曜半日。

月から金の平日の一部は休診となる。

この様な仕組みがとられている医院やクリニックは、保険適用の可能性が高いです。

以下のような特徴を示す場合もあります。

医療法人社団

検査項目や設備:内視鏡、レーザー、手術設備等)

まずはこうした情報の中でも今回の男性のコンジローマの治療を受けるという時にサイトの中で探すべきは、性病科が理想。

泌尿器科と性病科両方の内容を診療科として掲げている医院やクリニックもあります。

こうした文字をまずは地域を問わず確認してみてください。

コンジローマ病院横浜の保険範囲内サービス内容

男性がコンジローマの治療をしてほしいと受診をした際、どんな内容が提供されている事が多いのか?

この答えは、以下のような流れが一般的に多い。

投薬治療

数日から数ヶ月単位で、再発や新しい部位からの発症などの内容を確認した際には改めて受診。

女性の場合は、膣内の処置を必要とするので、婦人科等に相談をするケースも多い。

男性は特に調べるということはなく、所見の中で、特徴的な症状から、診断を受けることが多い。

コンジローマ病院横浜の保険範囲外サービス内容

コンジローマは、男性の亀頭、陰茎だけに発症する感染症ではありません。

陰部のうち、以下のような箇所にも発症する可能性があります。

肛門の周囲。

陰嚢(金玉の袋)の周辺。

陰毛が生えているようなペニスの付け根部分

コンジローマは、男性女性を問わず、痛みもかゆみもありません。

現場にいた頃には、治療を希望した患者様の中には、結果的に10年以上このコンジローマのためだけに時間を費やしてきたという型もいらっしゃいました。

コンジローマ再発10年繰り返した人が30分治療で再発しなかった方法

小さなミスとは言いませんが、感染症予防の知識がない時に発症する。

この結果、ずっと性交渉の関係は、ストップ。

このような状況にずっと悩まされている人がいるのも現実。

ですから、大切な考え方として、男性はコンジローマを再発させないための治療を知るべきだと私は伝えたい。

 

コンジローマ病院横浜再発予防相談

少しでも専門外来のようコンジローマ病院横浜選び方な場所に行って、再発関係の心配を減らしたい。

こうした希望を持つ方には、知ってほしい事があります。

コンジローマ病院横浜で通院を繰り返さないために

結果的に、何度でも再発を繰り返す性感染症である可能性が潜むコンジローマ。

男性に知ってほしいのは、手術を受けるという選択肢。

実際にこうした選択をする時には、科として、美容外科、形成外科という流れになります。

完全に全額自己負担の治療。

しかし、手術により、コンジローマの好発部位(発症しやすい部位)となる包皮の切除を行う事で再発リスクを軽減する。

こうした治療を受ける事は、今回の治療だけでなく、また次の感染のリスクを減らす上でも重要なことになってきます。

実際に、横浜市での包茎手術を相談できるクリニックは↓

    • メンズサポートクリニック

      メンズサポートクリニック

       

      オススメできる根拠

      まず高評価だったのは、院長、執刀担当の医師が明確である事。

      メンズサポートクリニックの最も評価が高い点は、業界内でサービスの質が良いとうわさされたほどの存在だということ。

      さらに、症例件数は20000件と歴史の浅いはずが密かな注目を集めている存在。

       

      横浜で包茎手術を選ぶならまずはこのメンズサポートクリニックを訪ねてから他のクリニックに行く可能性を考える。

       

      この順番で私は大丈夫だと思います。

      • ABCクリニック

        ABCクリニック

         

        オススメできる根拠

        まず高評価だったのは、治療費が、非常に治療費一覧でも安い。

        全体的な金額を他のクリニックと比較しても、ダントツの値引き率と言っていいと思います。

        さらに、症例件数はクリニックの歴史から考えると人気の高さが伝わります。

         

        ただし、院長や執刀担当医師の明確性がない事が2位の要因。

         

        この比較で私は大丈夫だと思います。

        • 上野クリニック

          上野クリニック大阪

           

          オススメできる根拠

          全国に展開している代表的な男性スタッフ専門クリニック。

          上野クリニックは知名度としては非常にいいのですが、先生が不明な点に注意が必要。

          口コミなどでは厳しい声を受けた内容等もあることが全国の中でも、ちょっと違いがあるのが心配。

          こうした点が、ABCクリニックよりも低い評価をさせていただいております。

          男性対応が大事。そんなクリニックの探し方をされている方なら、横浜なら、まずはメンズサポートクリニックに行ってからでいいのでは?

    
   
地域別おすすめクリニック
    
包茎手術おすすめクリニックリスト
    

コメントを残す

このページの先頭へ